こんにちわ。広告素材.COM事業部です。

 

アフィリエイトブログで稼ぐためには記事数が必要。アフィリエイトで稼ぐためにはSEO対策が必須。

 

このようなアドバイスや言葉を聞いたことがある人が多いと思います。実際のところ、アフィリエイトで稼ぐためにはSEO対策しながら記事数を増やしていくことは必要なことです。

 

もしもブログに公開されている記事数が、SEO未対応で10記事以下の人は稼げない可能性が高いと思った方が良いです。30記事でも少ないです。

 

但し、SEO対策しながら記事数を増やすということは、なかなか簡単なことでもありません。

 

特にアフィリエイト初心者の方の場合、キーワードを調査しながら1記事書くだけでも1週間近くかかる人もいらっしゃると思います。

 

記事を増やすことが大切と知りながらも、なかなか難しいと感じている人に、今回は効率よく記事量産する方法をご紹介していきます。

 

その他にも、記事数を増やすことが大切な理由や、記事数がなかなか増えない原因などについても触れていきます。

 

ぜひ最後まで読んで、SEO記事の量産に役立てていただければ幸いです。

SEO記事の量産がアフィリエイトで稼ぐ重要なポイント

アフィリエイトで収益を出していくためには、SEO記事数が必要だと言われています。これに関して、さまざまな疑問を抱いている人も多いのではないでしょうか。

 

・本当にSEO対策している記事数が多くないと稼げないの?

・100記事突っ込むことが大切って本当?

 

このような疑問にお答えていきます。加えて、記事数を増やすときに注意しておきたいポイントも解説します。

SEO記事が100記事必要って本当?

多くのアフィリエイターが「まずは、SEOできるキーワードを探して100記事書け!」と口にしています。実際に100記事は必要なのでしょうか。

 

結論からいうと、「100記事必要な場合が多い」です。

 

どういうことかというと、もちろんジャンルやサイトの内容によっては、30記事や50記事で上位表示するものもあります。

 

しかし、Googleは記事数から、キーワード含有量や関連コンテンツの量などを分析して、上位表示すべきサイトかどうかを判断しています。

 

そのため、そもそも記事数が少ない場合は、何のサイトなのか正確に判断することができず、検索で上位表示することができないのです。

 

また、個人のスキルという関観点から見てみると、100記事書くことにはさまざまなメリットがあります。

 

それは、100記事も記事を書くとある程度、その分野について詳しくなったり、キーワードの分析スピードが早くなったりすることです。

 

要するに、ブロガーとしてのスキルが100記事書く間に自然と鍛えられているということです。

 

100記事書くまで継続することもできないのであれば、アフィリエイターとして成功することは難しいですよというメッセージもこもっていることも知っておいてくださいね。

SEO記事を増やすときの注意点

記事を増やしていくことは、サイトやブログを育てていくために大切なことです。しかし、ただ闇雲に記事を増やしていくだけでは意味がありません。

 

記事を量産するときには、以下の2点に注意しておかないと、後悔することになります。

 

・アクセスが集まらない記事は書かない

・コンバージョンに繋がらない記事は書かない

 

アフィリエイト初心者の方は、記事を増やすことが大切といわれると、ただ主観で書きたい内容をひたすら書いていくという失敗を犯しやすいです。

 

そのような記事を書いていてもアクセスには繋がらず、収益が発生することもありません。

 

もちろん、サイト内にコンバージョンに繋がらなくてもアクセスを獲得しやすい記事を書いておくことは必要です。

 

しかし、アクセスが集まらず、コンバージョンにもつながらない記事のみを100記事作成しても、無駄な努力に終わってしまいます。

 

したがって、アクセスを獲得しやすい記事やコンバージョンに繋がる記事を増やしていくことを意識しましょう。

SEO記事量産が大切な3つの理由

アフィリエイトで稼いでいくためには、SEO記事を増やしていくことが大切だということをお伝えしています。

 

ここでは、さらに詳しく、どうしてSEO記事を増やすことが大切なのか解説していきたいと思います。

 

主な理由は、以下の3点です。

 

・アクセスを集めやすくなる

・Googleからの評価が上がる

・収益に繋がる記事が出てくる確率が増える

 

それぞれについて確認していきましょう。

アクセスを集めやすくなる

記事数が増えれば増えるほど、アクセスを集めやすくなります。

 

記事を書くときにキーワードを意識して書くことは基本中の基本ですが、そうして数多くのキーワードの記事を書いておくことで、さまざまなキーワードからの流入を集めることができます。

 

例えば、ひと月に5人のユーザーのアクセスがある記事が3ページあるとします。その場合、ひと月に15人のアクセスを集めることができます。

 

しかし、ひと月に5人のアクセスを集められるページが20記事あったとすると、100人のアクセスを稼ぐことができるのです。

 

このように、記事数が多ければ多いほど、より多くのアクセスを集めることができるのです。

Googleからの評価が上がる

アクセスが集まるようになってくると、Googleからの評価が上がります。サイトとしてGoogleに評価されるようになると、他の記事でも上位表示させてもらいやすくなる傾向にあります。

 

したがって、記事数を増やして、アクセスを集めていくことがGoogleからの評価アップにつながり、さらに多くのアクセスを集めることができるようになるのです。

収益に繋がる記事が出てくる確率が増える

多くの記事が上位表示するようになり、多くのアクセスを集めることができるようになると、コンバージョンする確率も上がります。

 

10人のうち1回のコンバージョンに繋がる記事の場合、100人のアクセスを集めた場合は、10回のコンバージョンを狙うことができます。

 

サイトの収益を増やすことにも、よい影響を与えてくれます。

 

このように、もともとは記事数を増やすというタスクだったものが、収益向上に繋がってくるというメリットがあるのです。そのブログを総合的に見たとしても、記事数が多い方が評価が高くなるということが分かります。

SEO記事の量産が難しい理由

アフィリエイトで稼ぐためには、SEO記事の量産が必要だということを解説しました。しかし、実際問題、アフィリエイト初心者にとっては、記事を量産することは、難しいものです。

 

なぜかというと、初心者の方の場合、記事の質にこだわりすぎてしまう傾向にあるからです。具体的にいうと、以下の3つにこだわりすぎてしまっているように思えます。

 

・文章を考えすぎる

・デザインに拘り過ぎる

・正しいキーワードの分析方法を知らない

 

これらに時間をかけすぎてしまうために、記事の量産が難しくなるのです。どのようにこだわってしまうのか、もう少し詳しく解説していきます。

文章を考えすぎる

文章にこだわりすぎてしまうということは、どういうことかというと、文章の表現方法や、文字数などを意識しすぎていることです。

 

アフィリエイトのブログでは、国語の教科書や文学作品のような心揺れるような表現は必要ありません。ユーザーとしても、読みにくい文章や、頭を使うような文章は読みたくないものです。

 

時間がない、忙しいといわれている現代のWEB記事の文章は、いかに短時間で分かりやすく、要点を伝えることができるかが大切です。

 

なぜなら、ユーザーは移動の合間や、友人との待ち合わせといった小刻みの時間で文章を読むことがほとんどです。そんなときに、いちいち考えさせるような文章を読んでいる暇などないのです。

 

したがって、分かりやすく、端的にまとめることが大切です。また文字数に関してもそこまでこだわる必要はありません。

 

記事を量産するというフェーズにおいては、まずは3000文字の記事を50記事追加するといったようにした方がよいです。

 

もしも記事によって文字数が足りないと感じた場合は、記事数を増やすフェーズの後で、アクセスが集まった時や、文字数を増やすことで上位表示しそうだという仮説が立った時に追加すれば大丈夫です。

デザインに拘り過ぎる

デザインが得意な人は、記事を量産する段階でも、デザインにこだわってしまう傾向にあります。もちろん、デザインにこだわって、記事を量産することは良いことです。

 

おしゃれなデザインのブログを作成することで、自分のやる気も高まります。しかし、アクセスがそこまで集まっていない時には、まずはデザインよりも記事の量産を優先した方が良いでしょう。

 

アクセスが集まってきた記事から順に、デザインにもこだわって作り込んでいくと良いと思います。

正しいキーワードの分析方法を知らない

アフィリエイトで稼ぐため位は、SEOキーワードの分析をすることは大切です。しかし、初心者の方の場合は分析をするだけで、ものすごい時間がかかってしまいます。

 

分析をするための勉強に時間をかけてしまう人も多いです。もちろん、そのような勉強や分析も大切です。

 

しかし、まずはSEO記事を量産するというところから考えて、狙うキーワードの分析くらいにとどめておくことをおすすめします。

 

キーワードを分析して、さらに競合サイトの細かいサイト構造などの分析をするのであれば、記事を量産して、アクセスが集まるのを待つ段階で行うようにしましょう。

SEO記事テンプレートを使うメリット

 

アフィリエイト初心者の方の場合、どうしてもSEO記事の量産が難しいと感じられるのですが、そのようなときに活用できるおすすめのサービスが広告素材.COMです。

 

 

広告素材.COMで販売している記事はSEO対策できるように構成されていますから記事を購入し、その記事を自分なりの言葉にリライトすることで、オリジナルの記事に仕上げることができるます。

 

ですから、この記事テンプレートを使うことで、初心者の方でも簡単にSEO記事の量産をすることができるようになります。

 

初心者こそ記事テンプレートを利用すべき理由を以下で、解説していきたいと思います。

 

・SEO分析、企画、文章作成の時間短縮できる

・自分の言葉にリライトするのでライディングの勉強になる

・自分で作成できなくとも外注に丸投げ依頼できる

 

これら3点について詳しく解説します。

SEO分析、企画、文章作成の時間短縮できる

記事テンプレを活用すると、記事の作成にかかる時間を極限まで短縮することができます。記事作成で時間がかかる作業としては、リサーチ、構成づくり、キーワード選びといったものがあります。

 

しかし、記事テンプレを購入することで、このような時間のかかる作業をする必要がなくなります。

 

そのため、効率的に記事を量産していくことができるようになるのです。

自分の言葉にリライトするのでライディングの勉強になる

記事テンプレを自分のブログに追加するときには、自分の言葉にリライトする必要があります。ただ、そうはいっても1から自分で記事を作成するよりも、手軽に記事を執筆していくことができます。

 

加えて、完成されいる記事をリライトしていくだけでも、ライティング能力を高めることができます。

 

言葉遣いや文章構成、キーワードを含めた自然な文章の作り方など、リライトする中で自然とライティングに必要なスキルを身に付けていくことができるのです。

自分で作成できなくとも外注に丸投げ依頼できる

記事テンプレがおすすめできる理由として、その他に挙げられるものは、記事執筆に困ったら外注に依頼することもできるということがあります。

 

外注に依頼する作業は、初心者の方にとっては難易度が高いものがあります。

 

しかし、記事テンプレを活用すると、完成記事を外注に投げて、自分の言葉にリライトしてもらうだけなので、細かいマニュアルを作成する必要がありません。

 

また、想定外の質の低い記事が納品される心配もありません。費用面から考えてみても「1文字0.5円」まで経費を削減できます。

 

このように、外注に依頼して記事を量産したいときでも活用しやすいのが、記事テンプレの魅力なのです。

アフィリエイト初心者でも出来るSEO記事の量産方法

それでは、実際に記事テンプレを活用して、記事を量産していく方法をご紹介します。

 

・自分でリライト

 

・外注に依頼する

 

主な方法は、上記2種類です。

 

自分でリライトして、オリジナル文章にしてブログに追加していくこともできます。また、外注に完成記事を投げて、ライターの人なりの言葉にリライトしてもらうこともできます。

 

自分の口調に合わせて依頼したい場合は、細かい指示を出しても良いとは思いますが、その分、外注費用がかさむ可能性もあることをおぼえておきましょう。

SEO記事を量産できたらサイトも量産しよう

ここまで、初心者の方でもできるSEO記事を量産する方法をご紹介してきました。SEO記事を量産することができれば、そこから稼ぐことは簡単になっていきます。

 

一つのサイトで、記事の量産、アクセス増加、収益発生というサイクルをつかめば、そこからは他のサイトに横展開していくことがポイントです。

 

記事の量産を上記でご紹介した方法で、マスターして、その後はサイトの量産をしていきましょう。そうすることによって、利益がどんどん伸びていく感覚を掴むことができます。

 

▼1時間でサイトを量産する方法!

おすすめの記事