こんにちわ。広告素材.COM事業部です。

 

アフィリエイトやブログなどで、効率的に記事を増やしていきたいと考えている人が多いです。

 

ただ、とにかく早く記事量を増やそうとすると、一つ一つの記事の質が下がってしまうものです。低品質な記事を増やしても、結局ユーザーに読んでもらえない可能性が高いです。

 

そこで、今回はクラウドソーシングを通じて、高品質な記事を効率的に増やしていく方法をご紹介していきたいと思います。

 

おすすめのクラウドソーシングサービスや、高品質な記事を納品してもらえるための発注のポイントなどについても解説していきますので、是非ご参考にしてください。

 

・前回のお役立ち記事:アフィリエイトブログ記事外注必勝法!失敗しない戦略やマニュアルとは?

記事作成代行サービス選びで失敗しないポイント

記事作成代行サービスを活用することで、短期間で効率的に記事を増やしていくことができます。

 

ただ、最近は記事作成代行サービスの種類も多様化しており、さまざまなサービスが出てきているため、どれを選んだらよいのか迷ってしまうものです。

 

外注依頼するときに、どのサービスを利用しようか、悩んでいる人も多いと思います。

 

以下で、記事作成代行サービスを選ぶ際に、どのようなポイントを意識して選ぶとよいかをご紹介していきます。

登録者が多いサービスを選ぶ

一つ目のポイントは、「登録者が多いサービスを選ぶ」ということです。

 

そのクラウドソーシングサービスに登録している人が多いと、それだけ良い人材に出会えるチャンスが広がります。もしも、登録者が少ないサービスを選んでしまった場合、もちろんその中にもよいライターはいることでしょう。

 

ただ、レベルの高いライターは、すぐに他の人の発注を受けてしまいますから、自分が依頼しても断られることが多かったり返信をもらえないことも多くなってしまいます。

 

しかし、登録者自体が多いサービスの場合は、それだけよいライターを見つけることも簡単になります。

 

大手のサービスであれば、ライターとして新しく登録したライティング経験者に巡り合える可能性も高いです。したがって、失敗しないためには登録者が多いサービスを選ぶことが大切です。

質の高いライターがいるサービスを選ぶ

登録者が多いサービスを選ぶことも大切ですが、質の高いライターがいるサービスを選ぶことも大切です。

 

先ほども述べた通り、登録者自体が多ければ、それだけ質の高いライターがいる可能性も高くなります。また、別の面から解説すると、ライターに特化したクラウドソーシングサービスというものもあります。

 

そのようなサービスを選ぶと、そもそもライターの母数が増えます。

 

大手のクラウドソーシングサービスの場合はライターに限らず、デザイナーやプログラマーなどの登録者も多くライターはその中の一つの分類というくくりになります。

 

しかし、ライター特化のクラウドソーシングサービスの場合は、そもそもライターしかいないため、レベルの高いライターが在籍している確率も高くなります。

 

ちなみに、サービスによってはライターのレベルを判定してくれるところもあるため、そのようなサービスを利用すると、効率的に希望のライター探しをすることもできます。

案件検索が行いやすいサービスを選ぶ

記事作成代行サービスを選ぶ時は、案件検索が行いやすいサービスを選ぶことも大切です。

 

こちらに関しては、どちらかというと発注を受けるライター寄りの考え方になります。どうしてこの視点が大切かというと、結局ライターも仕事も探します。

 

そのときに案件の検索が行いづらいサービスだと、使うこと自体が億劫になるのです。

 

ですから、自分が求める案件を細かく絞り込むことができたり、文字単価で検索することができたりするサービスを選ぶことで、良いライターを見つけやすくなりますし、ピンポイントでライターに向けた案件紹介文を作成することもできるようになります。

 

ライター側の目線も考えてサービス選びをしてみてください。

記事作成代行におすすめの9社をご紹介!

ここでは、具体的におすすめの記事作成代行サービスをご紹介していきます。

 

・登録者が多いサービスを選ぶ

・質の高いライターがいるサービスを選ぶ

・案件検索が行いやすいサービスを選ぶ

 

上記でご紹介した選び方のこちらの3つのポイントをもとに、自分に合ったサービスを選んでみてください。

クラウドワークス

・お役立ち記事:失敗しないクラウドワークス記事依頼法!初心者でも理解できる詳しい手順をご紹介!

 

日本で最大級のクラウドソーシングサービスといえるのがクラウドワークスです。

 

【クラウドワークスのおすすめポイント】

・ユーザー数が約240万人

・依頼件数が約226万件

・記事制作体制構築支援サービスも実施中

 

クラウドソーシングといえばクラウドワークスともいえるほど、人気のサービスとなっています。

 

利用者が多いため、それだけ高い確率で、レベルの高いライターを見つけやすく、期間限定で記事制作体制構築支援サービスというものも行っています。

 

ライターの採用や管理について、クラウドワークス社のコンサルタントがアドバイスを行ってくれるものです。

ランサーズ

 

・お役立ち記事:失敗しないランサーズの使い方を徹底解説!記事のライティング依頼の流れをご紹介!

 

ランサーズは、クラウドソーシングサービスとして、日本で高い人気を誇っているものです。

 

【ランサーズのおすすめポイント】

・依頼件数210万件突破

・登録料、利用料無料

・安心・信頼できる契約形態

 

依頼件数が業界最大級で、多くの利用者が愛用しています。本人確認なども行っているため、信頼できる取引ができるのも魅力的なポイントです。

Shinobiライティング

●Shinobiライティング
https://crowd.biz-samurai.com/

 

Shinobiライティングは、記事制作に特化しているクラウドソーシングサービスです。

 

【Shinobiライティングのおすすめポイント】

・ライターに特化したクラウドソーシング

・記事発注のシェアに関しては業界でも最大級

・レベルの高いライターが多く在籍

 

Shinobiライティングは、ライターに特化しており、記事発注の案件が比較的多いのが特徴です。

 

記事作成に関して、細かい希望があれば、Shinobiライティングに登録しているライターに依頼してみるとよいでしょう。

ココナラ

●ココナラ

https://coconala.com/

 

ココナラは、「みんなの得意を売り買い」しているクラウドソーシングサービスです。

 

【ココナラのおすすめポイント】

・ライティングに限らず、幅広い案件を取り扱っている

・記事制作だけでなくデザインなども発注できる

・ライター探しが効率的にしやすい

 

案件を発注するというイメージよりも、この条件でライティングをやりますよといっている出品者に対して、案件を薦めることが多くなりそうです。そのため、こちらの要望よりも出品者側の要望の方が採用されることもあるでしょう。

 

ライター探しであれば、それぞれの出品者が自分の魅力や売れるポイントを自ら宣伝してくれているため効率的にできると思います。

記事作成センター

●記事作成センター

http://e-writing.net/

 

記事作成センターは、その名の通り、記事作成を依頼することができるサービスです。

 

【記事作成センタのおすすめポイント】

・リピート率99%

・納期が遅れる心配なし

・内製ライターが作成した記事なので品質が高い

 

通常のクラウドソーシングサービスで発生しているライターアサイン作業やコピペチェック、誤字脱字チェックといった時間的費用を削減することを可能にしたのが記事作成センターです。

 

効率的に大量に発注したい方にとって魅力的なサービスといます。

サグーワークス

●サグーワークス

https://works.sagooo.com/

 

ライティング特化型のクラウドソーシングサービスがサグーワークスです。

 

【記事作成センタのおすすめポイント】

・ライター特化

・総ライター数約21万人

・高収入を得たいライターが集結

 

数多くの専門ライターが在籍しており、高収入を目指している人も多いため、レベルの高いライターに出会える可能性が高いです。

Bizseek

●Bizseek

https://www.bizseek.jp/

 

ライティング以外にもアプリやコーディングなどさまざまな案件を取り揃えているクラウドソーシングサービスがBizseekです。

 

【Bizseekのおすすめポイント】

・記事制作以外にもサイト制作に関わる案件の発注も可能

・Bizseekにしか在籍していないライターに依頼できる

・システム利用料が比較的安い

 

安価で利用できるサービスなのでライティング初心者に依頼したいときには活用しやすいでしょう。

アフィリエイト秘書

●アフィリエイト秘書.com

https://www.bizseek.jp/

 

アフィリエイトでのサイト制作をサポートしてくれるのがアフィリエイト秘書.comです。

 

【アフィリエイト秘書.comのおすすめポイント】

・1文字1円で発注可能

・料金設定が分かりやすく利用しやすい

・SEO対策の依頼も可能

 

記事数によって発注費用の割引があるため、大量に安く発注したいときに使いやすいサービスといえます。

コンテンツウォーカー

●コンテンツウォーカー

https://contents-walker.com/

 

記事作成やWEBのコンテンツを外注できるサービスがコンテンツウォーカーです。

 

【コンテンツウォーカーのおすすめポイント】

・累計2,000名を超える依頼

・登録ライターの実績なども把握しているため得意ジャンルで発注できる

・質の高い記事を納品してもらうことができる

 

コンテンツ制作に特化したものなので一般のライターに発注するよりも高品質の記事を納品してもらうことができます。

記事作成代行で失敗する3つの理由

実際に上記でご紹介した記事作成代行サービスを利用して、記事を外注しようと思っている人も多いと思います。

 

ここでは、記事を外注するときに失敗してしまう場合、どのような理由が関係しているのかを解説していきます。

 

記事外注で失敗しないために参考にしていただければ幸いです。

 

記事外注で失敗してしまう理由は、主に以下の3点です。

 

・発注マニュアルの理解の共有ができていない

・完成イメージの共有ができていない

・記事の意図をライターが理解できていない

 

このようなことが原因となり、発注者側のイメージとは全く異なる記事が納品されてしまうのです。

 

記事を発注する際は、どうしたら失敗せずに発注者側のイメージに合った記事を納品してもらうことができるかを試行錯誤することが大切です。

記事作成代行なら記事テンプレートを利用するのが安心

記事作成代行を利用するのであれば、最もおすすめなのは記事テンプレートを活用することです。

 

記事テンプレを利用して、発注の際は自分の言葉にリライトしてもらうだけで、簡単に高品質の記事を発注することができるのです。

 

記事作成代行で記事テンプレを利用することをおすすめする、その他の理由をご紹介します。

外注事故が起きにくい

記事テンプレは、すでに完成されている記事です。

 

外注で依頼するライターには、完成された記事を見てもらい、リライトしてもらうだけなので、意図に反するような記事が納品される心配がありません。

 

また、口調や言葉遣いに関しても、完成記事を確認しながらライティングを進めることができるため、外注による事故を無くすことにも繋がります。

安い費用で依頼できる

記事テンプレを活用することで外注費用を削減することもできます。

 

一般的に、記事を外注する際は、文字単価5円~15円で発注することで質の高い記事を納品してもらうことができます。

 

ただ、その料金設定は、発注者側にとっては費用がかさむものです。

 

かといって、0.5円などの安い料金で発注したとすると、適当にコピペされたような記事しか納品されることがありません。

 

しかし、記事テンプレを活用すると、ライター側は自分の言葉にリライトするだけなので手間がかかりません。

 

そのため0.5円で発注したとしても、質の高い記事を納品してもらうことができるのです。

依頼の準備にかける時間を短縮できる

記事テンプレを使うと、記事の発注のための時間を短縮することもできます。

 

通常だと、記事を発注するためには、リサーチをしたり、見出しを用意したり、マニュアルを作成したりする必要があります。

 

分かりやすくするためにYouTubeで動画を撮影してマニュアル化している方もいらっしゃいます。もちろん、そのような方法で外注を仕組み化することもよいでしょう。

 

しかし、それには準備をするだけで膨大な時間がかかってしまいます。短期間で数十記事、数百記事といった量を発注することが難しくなります。

 

しかし、記事テンプレを活用すると、完成されている記事を自分の言葉にリライトしてくださいといえば、簡単に発注することができるため依頼の準備にかける時間を短縮することができるのです。

記事外注で失敗したくない人は記事テンプレで外注依頼をしよう!

ここまでクラウドソーシングサービスの選び方やおすすめのサービス、失敗しない外注のコツなどを解説してきました。

 

正直言うと、外注は事故が起こることが多いです。

 

特にこちらが意図した通りの記事が納品されない可能性も低いとは言い切れません。その原因はマニュアルの意図が正しく伝わっていなかったり、ライターが初心者レベルだったりすることにもあります。

 

失敗せずに外注をするのであれば、記事テンプレがおすすめです。

 

完成記事をリライトしてもらうだけなので、意図がずれる心配もありませんし、全く検討違いな記事が納品される心配もありません。

 

失敗しない外注発注をしたい方は、是非広告素材.COMの記事テンプレを活用してみてください。

おすすめの記事