こんにちわ。広告素材.COM事業部です。

 

審査が厳しいと言われているGoogleアドセンス。

 

人によっては、審査翌日に合格が出たという人もいますが、多くの初心者は審査に落とされて、やる気をなくしてしまっています。

 

では、審査に落ちてしまうのはなぜなのでしょうか。

 

その理由としては、文字数が少ないことや、ポリシーに違反していることなどが挙げられます。中にはGoogleが表立って公表していない違反をしてしまっている可能性も考えられます。

 

そこで今回は、Googleアドセンスの審査に落ちてしまう理由や、落ちないために確認しておくべきチェックポイントなどをご紹介していきます。

 

ブログを収益化したい方や、Googleアドセンスの審査になかなか合格できていないでいる方は、ぜひ参考にして活用していただければと思います。

Googleアドセンスの審査に落ちる5つの理由

Googleアドセンスの審査で落ちてしまうブログには、特徴があります。

 

運営しているブログが審査に落ちる5つの理由をご紹介していくので、自分のブログが以下の点に当てはまっていないかをチェックしてみてください。

 

・ブログに公開されている記事数が少ない

・文字数が少ない

・アダルトコンテンツが含まれている

・コピペ記事が含まれている

・カテゴリ分けがされていない

 

Googleアドセンスの審査に落ちてしまう上記5つの理由に関して、分かりやすく解説していきます。

ブログに興起されている記事数が少ない

Googleアドセンスの審査に落ちてしまう理由の一つ目は、記事数が少ないことです。

 

記事数が少ないと、Googleからブログとして評価されない可能性があります。

 

ブログ開設後に継続して、記事を追加していくのか、質の高いコンテンツを提供しているのかといったことが大切になるのです。

 

Googleはユーザーの検索意図に合った、質の高いコンテンツを提供しているサイトを評価するようになってきています。

 

コンテンツの量、記事の数自体が少ないと、そもそもGoogleがそのブログを評価することができません。

 

したがって、まずは記事数をある程度、揃えておく必要があります。少なくとも20記事は投稿しておくと安心でしょう。

 

また、Googleは、記事更新の頻度も把握しているため、1日で20記事投稿するよりも、1日1記事~2記事ずつ更新していくことをおすすめします。

文字数が少ない

Googleアドセンスの審査に合格するために、記事数を増やしたとしても、文字数が少なければ意味がありません。

 

たとえ記事が100記事あったとしても、1記事あたりの平均文字数が500文字程度では、高い評価を受けることは難しくなります。

 

Googleは、高品質のページを高く評価します。ユーザーの検索意図に合わせた記事作成、サイト制作が必要になってくるのです。

 

そのような観点から見ると、500文字程度の記事でユーザーの検索意図を満たすことは難しいでしょう。

 

もちろん、キーワードによっては500文字で完結することもあるかもしれませんが、全ての記事が500文字程度であれば評価は低くなる可能性があります。

 

少なくとも平均2000~3000文字の記事を執筆していくように心がけましょう。

アダルトコンテンツが含まれている

Googleアドセンスの審査において、ポリシーに準拠していないサイトは、審査で落とされてしまいます。

 

その代表的なものとして、アダルトコンテンツが含まれているサイトが対象となります。アダルトコンテンツが含まれているサイトは、それだけでGoogleアドセンスの審査で落とされます。

 

加えて、直接的なアダルトコンテンツにはなっていないものの、審査に落とされるものもあります。「略奪愛」といった、アダルト的な内容には該当しなくても倫理に反しているものです。

 

このように、一般的に考えて、コンテンツがポリシー・倫理に反しているサイトは、アドセンスの審査で合格できないため、注意しておく必要があります。

コピペ記事が含まれている

Googleアドセンスの審査において、コピペ記事、コピーコンテンツも重要なポイントです。

 

ひと昔前は、文字量が多いだけで上位表示させることができたり、記事数が多いだけで高く評価されるときもありました。

 

しかし、、コピペ記事やコピーコンテンツなどでGoogleのアルゴリズムの抜け穴を見つけて上位表示させたサイトがあった時代背景のもと、Googleはアルゴリズムアップデートを行いました。

 

ユーザーの検索意図に合っていないページは上位表示できないようになったのです。

 

そのため、コピーコンテンツなどでサイトの記事を増やしたとしても、Googleアドセンスの審査に合格することはできません。

 

むしろ、サイトとしての評価が下がってしまうリスクもあります。オリジナルのコンテンツを増やして、ユーザー体験を向上させるような記事を増やしていくように心がけましょう。

カテゴリ分けがされていない

サイト、ブログ制作の際には、カテゴリを分けておくことも大切です。初期設定のままだと、カテゴリは「分類なし」と表示されます。

 

そのまま変更しないでいると、Googleは何のサイトで、どのようなサイト構造をしているのかを判断することができません。

 

そのため、Googleがサイトを認識するためにも、カテゴリを設定して、分かりやすく記事を分類しておくことが大切なのです。

 

ワードプレスの管理画面からカテゴリを編集することができ、自分の好きなカテゴリ名を設定することができます。

 

例えば、旅行に関する記事であれば「旅行」というカテゴリを作ることができます。本に関するものであれば、「本」もしくは「書評」といったようにカテゴリを設定して、その中に記事を追加していくようなイメージです。

 

このように、サイトに追加した記事を、カテゴリに分類していくことで、Googleはサイト構造を把握することができるようになります。

 

ユーザーにとっても、自分が読みたい記事を見つけるためのナビゲーションとして役立つことなので、審査に出す前にカテゴリを設定して、サイト構造を分かりやすくまとめてみてください。

Googleアドセンスの審査で落ちないためのチェックリスト

Googleアドセンスの審査に出すに当たって、チェックしておくべきポイントがあります。

 

もしも、ここでご紹介するチェックポイントを押さえずに審査に出してしまうと、審査に合格するまでの期間が長期化してしまうリスクがあります。

 

なぜなら、審査に出して、落ちてしまうと、そこから再度審査に出せるようになるまでには2週間ほど必要になる可能性が高いからです。落ちた翌日に審査に出しても受かる確率はほぼありません。

 

そのことを把握した上で、審査に出す必要があるのです。

 

Googleアドセンスの審査に出すときには、以下のチェックリストを確認するようにしてください。

 

【Googleアドセンスの審査合格ためのチェックポイント】

 

  • 記事数が20記事以上
  • 各記事の文字数が2000文字以上
  • アダルトコンテンツなどポリシーや倫理に違反しているコンテンツが含まれていない
  • 記事の内容がオリジナルになっている
  • カテゴリ構成が組まれている

 

これらのポイントを確認しておくようにしてください。

 

また、審査に出してからも随時サイトを更新しておくことも大切です。

 

プライバシーポリシーのページが用意されている

・サイト運営者の情報が書かれている

 

このようなサイトの信頼性を担保するようなページも設置しておくことで、審査合格の確率が高まります。

 

上記のようなことを、可能な限りトライした上で、審査に出すようにしましょう。

 

こちらの記事が、あなたのサイトのGoogleアドセンス審査合格のためにお役に立てれば幸いです。

おすすめの記事