こんにちわ。広告素材.COM事業部です。

 

ブログ運営を始めて収益化する際、Googleアドセンスの審査に出すことがあると思います。

 

しかし、いざアドセンスの審査に出してみると、審査に落ちてしまうことも多々あり、多くのブロガーがGoogleアドセンスの審査に落とされて、やる気をなくしブログ運営を諦めて辞めてきます。

 

ですが、実際Googleアドセンスの審査は、ポイントさえ押さえていれば合格することも可能です。

 

ここでは、Googleアドセンスの審査に落ちてしまう理由やサイト開設から、1週間でアドセンスの審査に合格する方法などをご紹介していきます。

 

短期間でアドセンスの審査を合格し、ブログの収益化を目指したい方は、ぜひ参考にしていただければ幸いです。

Googleアドセンスの審査に落ちる理由とは?

ブログを収益化して、収入を増やしたいと考えている人も多いと思いますが、そのためにはGoogleアドセンスの審査に合格する必要があります。

 

しかし、Googleアドセンスの審査は、そう簡単に合格できるものでもありません。

 

その理由は、審査基準のハードルが高く設定されているからです。

 

では、Googleアドセンスの審査に合格するためには、どのようなポイントを押さえておく必要があるのでしょうか。

 

代表的なポイントとしては、記事数を増やしておくことです。

 

ある程度の記事数がなければ、Googleは、ブログの質を確認することができません。

 

最近はGoogleのアルゴリズムアップデートの影響もあり、ユーザーの検索意図に合った高品質のページを公開しているサイトが評価されるようになってきています。

 

しかし、記事数が少ないと、ブログを評価すること自体ができなくなってしまうのです。

 

ですから、Googleアドセンスの審査に合格するためには、ある程度の記事数をアップしておく必要があるのです。

Googleアドセンスの審査に必要な記事数はどれくらい?

では、Googleアドセンスの審査に合格するためには、どのくらいの記事数が必要になるのでしょうか。

 

目安としては最低でも10記事、理想は30記事です。

 

もちろん、ただ記事数が多ければいいというものでもありませんが、目安としてはそのくらいをイメージしておくと良いでしょう。

 

Googleアドセンスの審査に出した人の口コミなどを調査してみると、10記事未満の場合で審査に出したところ落ちてしまったという人も多いです。

 

したがって、安心して審査に出したい人は30記事以上ブログに公開した上で、審査に出すことをおすすめします。

Googleアドセンスの審査に合格するには文字数も大切!

記事数を増やしておくことも大切なのですが、文字数も大切な指標となっています。

 

30記事公開されていたとしても、それぞれの記事の文字数が100文字程度では意味がありません。

 

Googleは、あくまで高品質な情報をユーザーに提供することに重きをおいているからです。

 

ユーザーの検索意図に合った情報を提供することを考えると、1記事あたり、2000文字~3000文字程度になることでしょう。

 

したがって、そのくらいの文字数の記事を20~30記事公開した上で、Googleアドセンスの審査に出すと良いでしょう。

Googleアドセンスの審査合格までにかかる期間はどれくらい?

自分のブログをGoogleアドセンスの審査に出すと、合格するまでに必要な時間はどのくらいかかるのかを解説していきます。

 

ブログを審査に出せるような状態にして、審査に出した後、結果が出るまでの期間には個人差があります。

 

当日で結果が出ることもありますし、1週間程度必要になる場合もあります。長期化してしまうと、1ヵ月以上審査にかかってしまうこともあるのです。

 

また、一度落ちてしまってから再度結果が出るまでの期間を考えると、どんどん長期化することも考えられます。

記事を書く期間を含めるとどのくらいかかる?

記事を増やすペースは個人差があると思います。例えば、1日1記事書く人の場合は、30記事ブログに追加することを考えると、約1ヵ月かかります。

 

2日に1記事書いていく場合を考えると、1ヵ月で約15記事、2ヵ月で30記事となります。そこから審査に出すという流れになります。

 

どちらにせよ、記事の執筆と、審査結果が出るまでの時間を考えると、1ヵ月以上かかることが予想されます。

Googleアドセンス合格が遅くなると機会損失になる

記事執筆、アップ、全て自分の力のみで行うとなると、Googleアドセンスの広告収入を得るまでの期間も長引いてしまいます。

 

その結果、本来得られたであろう利益を失ってしまうことになります。

 

例えば、審査合格までに2ヵ月かかったとします。もしも1週間で審査に合格することができたとしたら、約50日分の利益を損失していることにもなるのです。

 

したがって、可能な限り、早めに審査に合格して利益を得ていくことが大切になります。

1週間でGoogleアドセンスの審査に合格する方法!

ブログ開設から、審査合格までに1ヵ月以上もかけていると、利益の機会損失につながる話をしました。

 

自分で記事を増やしていくとなると、1ヵ月~2ヵ月以上、記事を書き続ける必要があるのです。

 

しかし、実は、Googleアドセンスの審査に合格する期間を1週間に短縮することができる方法があります。

 

どのような方法かというと、やはり広告素材.COMの記事テンプレを利用する方法が一番最適です。

 

記事テンプレを利用することで、1週間で数十記事をサイトに追加していくことができます。

 

多くの人が記事テンプレを利用して、1週間でGoogleアドセンスの審査に合格しているという実績もあるのです。

 

記事テンプレを利用することで、1週間で審査に合格できる理由は、以下の2点です。

自分で記事を作成するよりも時間がかからない

自分で記事を作成する場合、結構な手間がかかります。

 

キーワード分析、構成作成、文章執筆といったように、細かい作業まで考えると、1記事あたり2時間~3時間はかかることがほとんどです。

 

しかし、記事テンプレを利用すると、そのような分析作業を省くことができます。

 

記事執筆に関しても、完成されている記事を自分の言葉にリライトしていくだけなので、簡単に記事を書いていくことができます。

 

外注に依頼することも簡単にできるため、記事執筆のための時間を徹底的に短縮していくことができるのです。

質の高い記事をアップすることができる

記事テンプレは記事の質が高いという特徴もあります。Googleは、ユーザーの検索意図に合った高品質のページを評価します。

 

その点から考えると、記事テンプレは、その要素もクリアしている高品質の記事をリライトするだけで、記事を完成させることができます。

 

このように、短期間で質の高い記事をアップすることができるため、1週間でGoogleアドセンスの審査に合格することができるのです。

1日もムダにしないでGoogleアドセンスで収益化しよう!

ここまで、Googleアドセンスの審査に合格するために必要なことや1週間でアドセンスの審査に合格する方法などをご紹介してきました。

 

Googleアドセンスによるブログの収益化は、早く達成することが大切です。早めに収益化することができれば、得られる利益も大きくなります。

 

自分で記事を書いていくと、12ヵ月かかる可能性もあります。本業がある方の場合、さらに長い時間がかかってしまうかもしれません。

 

しかし、そのような方でも記事テンプレを利用することで、たった1週間でアドセンスの審査に合格することができます。

 

短期間でGoogleアドセンスの審査に合格し、すぐに収益を発生させて、収入アップにつなげて頂ければ幸いです。

おすすめの記事