こんにちわ。広告素材.COMの藤原です。

 

前回は、漫画アフィリエイト全般で稼ぐノウハウをご提供させていただきました。

 

今回は、さらに一歩突っ込んで、漫画アフィリエイトの中でも需要が高く稼ぎやすい「アダルト(エロ)漫画」をアフィリエイトして稼ぐ重要なポイントについて解説します。

 

エロ漫画といいますと男性の読み物と誤認されている方は非常に多いのですが、これは全く違くって、実は女性向け漫画のほうがエロ要素を多く含んでおり

 

特にツイッターが一般化してからは、女性は好んでエロ漫画を読み漁りますので、男女ともにエロ漫画はアフィリエイトで稼ぎやすいです^^

 

但し、アフィリエイトブログの運営方法も2通りありますので、これからアダルトな漫画アフィリエイトを実践する、

 

現在運営してても成果がイマイチ…というあなたは、末尾までしっかり本記事を読んで正しいノウハウで実践してみてくださいね!!

アダルト(エロ)漫画アフィリエイトとは?

文字通り、エロ要素を含む、エロネタ全開で市販されている男女向け漫画をアフィリエイトして稼ぐビジネスモデルです。

 

ちなみに、このエロ漫画の定義は「R18」(成人向け)の作品、「エロ系要素を含む」ものと2分され、後者のほうは年齢制限のない少年ジャンプやヤングマガジンなどに連載されている、少年・青年漫画を対象にしています。

 

私的な意見ですが、漫画アフィリエイトで稼ぐ重要なポイントは、この「エロ要素」が大変重要で、ベストセラーとなっている人気漫画は殆どエロ要素が含まれているのですよね。

 

一例をあげますと・・・

 

・初期時代のドラゴンボール

・課長島耕作

・好色哀歌 元バレーボーイズ

・初期時代のこちら亀有公園前派出所

・タッチ

 

などなど、上記は「名作」といわれるほどの人気漫画ですが、少年・青年漫画に振り分けられていますが年齢制限を設定されてもおかしくないほど、エロ要素を含んでいます。

 

このように人気漫画ってエロ要素を含んでいるほうが人気が高いんですよ^^

なぜ、エロ漫画アフィリエイトが稼げるのか?

人間が本能として求めるからです(笑

 

また、同じアダルトでも「動画」の場合は、無料で視聴できるサイトは多くありますが、漫画の場合は無料で全て読むことは不可能ですから、

 

立ち読みで気に入った作品を全て既読しようと思ったら、お金を出して購入するしか選択の余地がないんですよ。

 

お金を出して購入する=アフィリエイトで稼げる

 

という構図が成り立つわけです。

 

※漫画の違法サイトはたまに出没していますが、最近は無料視聴するユーザーも逮捕されますからご注意を!

どんな人がエロ漫画を購入するのか?

前記しているようにエロ漫画は「全開エロ」「エロ要素を含む」と2つに細分化されるのですが、男性向けの場合、前者では年齢層が若干高め、後者では高年齢から若年層までと幅広いです。

 

なぜ年齢層が幅広いかとか、手に取ることのできる書籍で廃盤になっている作品でも電子書籍では読むことのできるので、おじさん世代でも昔流行っていた漫画読みたさに購入するからです^^

 

一方、女性向けでは、最近は若年層から高年齢までエロ漫画は好んで読みます。

 

漫画を読む人口的には男性のほうが多いですが、課金率(購入率)は、やはり女性のほうが高いですから、エロ漫画アフィリエイトをする際は、女性ターゲットも取り込めるサイト構成にすることは必須です!

アダルト漫画アフィリエイトで稼ぐコツ

アダルト漫画アフィリエイトで稼ぐブログの作り方は以下の2通りあり、

 

・アダルト漫画特化型ブログ

・漫画総合紹介ブログにアダルトカテゴリーを設定する

 

あなたが、「エロ漫画のヘビーユーザー」「アダルトアフィリエイトで月収50万円以上稼いだ実績がある」という以外は後者のほうをお勧めします。

 

なぜかといえば、アダルトに特化した漫画アフィリエイトブログの運営は難易度が高いんですよね^^;

 

よく「もう、アダルト動画アフィリエイトは稼げない!」とか言われていますが、アダルト動画アフィリエイトは、いまのご時世でも全然稼げます。

 

稼げないという人は単純に「運営がへたくそ」なわけで、運営方法、運営サイトの企画の切り口1つで、報酬額に天地の格差ができるのはアダルト動画アフィリエイトなんですよ。

 

で、このアダルト動画アフィリエイトより、数段高いスキルが求められるのが、実はアダルト漫画に特化したブログ運営なんです。

 

オタクをターゲットにしエロを含めれば、爆発的なアクセスを集めることができますが、やはり「偽物オタク」の情報には限界があるんのです。

 

では、どれくらい高いスキルが求められるかといえば、男性向けでしたら週刊大衆やアサヒ芸能に連載されている風俗紹介や裏DVD紹介コーナーに記載されているような、男性の下半身がモジモジするような高度なライディングスキル

 

女性向けでしたら、女性自身や、pixiv(ピクジブ)に連載されているような、下半身がしっぽり濡れてくるような小説を書けるレベルの妄想力とライディングスキル

 

この高度なスキルにプラスしてアフィリエイトで成約に繋げる記事構成が絶対に必須なんですよ。

 

率直に言って、未経験者がこのアダルト漫画に特化したブログ運営法をマスターするまでには最低3年はかかるといっても過言ではありません!

 

前回、以前販売していました「Youtubeオタクマーケティング!」のお話をさせていただきましたが、この教材では、私が動画ネタを提供してしていたこともあって、

 

毎月スカイプコンサルを受講されてくれるお客様5名とYoutubeで「動画再生数」競う勝負をしていました。

 

私以外は「本物のオタク」で、同じ素材を5人が使って、動画再生数が1位になったら、対象月に私が制作している素材を無料プレゼントするというものだったのですけど

 

私の投稿動画が1本5万~15万再生回数に対し、お客様の動画では1本50万~150万再生回数。

 

と、やはり偽物は「本物オタク」には敵わないんですよ^^;

 

で、話を戻しますと、漫画総合紹介ブログ内でアダルト漫画を紹介したほうが、なぜ稼ぎやすいかといえば、アダルト漫画に染まっていない“ウブなユーザー”を集客できるからです。

 

どんなサイトでも同じなのですけど、同一サイト内に「裏口」とか「R18」「エッチな読み物」とかの文言がありましたら、

 

自然にアクセスは流れてきますので、対象ページでアダルト漫画でランキングを作成する程度で稼ぐことは全然できます!

 

こういったアダルトに染まっていないウブなユーザー向けの情報提供でしたら、高度な運営やライディングスキルは必要はありませんからね^^

 

是非、これからアダルト漫画アフィリエイトを実践する、改善したいという方はご参考にしてくださいね!!

おすすめの記事