こんにちわ。広告素材.COM事業部です。

 

アフィリエイトサイトやブログを運営したりしている人が増えてきています。

 

そしてブログを運営するときに、必ず必要になるのが記事の執筆。

 

始めのうちは記事を書くことに、大きな抵抗感もなく、書いていくことができるものの、長期間継続していると自分で記事を書くことが面倒になってくるものですよね。

 

資金がある人によっては、ブログを立ち上げる初期から記事を書くことを面倒に思っている人もいるかもしれません。

 

そんなふうに、記事の執筆が面倒になったときに活用する一つの手段として、即納記事を購入する方法があります。

 

 

即納記事を購入することで、まとまった記事数を一気にブログに突っ込むことができます。

 

ただ、そうした即納記事では稼げるブログは運営できません。

 

今回は、即納記事では稼げない理由や、記事購入で失敗しない方法などをご紹介していきます。

即納記事は効率的に稼げるというのは嘘?

アフィリエイトブログ記事の執筆が面倒になったときに、気軽に購入でき、簡単にブログに追加していくことができる即納記事。

 

インターネット上で即納記事を探してみると、100円で100記事を即ダウンロードできるブログなどがあります。

 

手軽に大量の記事を購入することができるため、一見便利なように思われます。このような即納記事を利用することで、効率的に稼ぐことができるという意見も多いです。

 

しかし、そのような意見は本当なのでしょうか?

 

結論からいうと、即納記事では稼ぐことはできません。即納記事をブログに追加しても、ほとんど意味がありません。

 

即納記事を購入しようとしてる人は、あまり意味がないと思っていた方が良いです。その理由を次項で詳しく解説していきます。

即納記事で稼げない理由

即納記事を購入することで、自分で記事を書く時間を短縮することができます。時間をお金で購入しているようなものだと表現されることも多いです。

 

ただ、このようにして即納記事を購入して記事執筆のための時間を購入できたとしても、そこからの収益は大して見込めません。

 

即納記事を購入して、ブログに大量の記事を追加しても、稼ぐためには効果的ではないのです。

 

なぜなら、以下の理由があるからです。

 

・稼いだ実績があるかどうかが不明

・Googleにコピペ記事と判断される確率が高い

・ユーザーに読まれる文章になっていない

・内部対策に応用しづらい

・検索結果で上位表示できない

 

それぞれの理由について、以下で詳しく解説していきます。

稼いだ実績があるかどうかが不明

即納記事の魅力は大量の記事を手に入れることができるため、自分で記事を書く必要がなくなることです。

 

但し、アフィリエイトブログ運営の目的を一度考えてみてください。

 

アフィリエイトブログを運営したり、アフィリエイト案件を紹介するブログを書いたりしている人にとってブログ運営の目的は収益化ではないでしょうか。

 

ブログを収益化することで、自分が働かなくても、収入を得られる仕組みづくりをしたい、収入の柱を増やしたいと考えている人がほとんどだと思います。

 

そのような目的を達成させるためには、記事を読んだユーザーにコンバージョンする行動を取ってもらわなければなりません。

 

しかし、即納記事で、コンバージョンに繋がるのかというと疑念を抱いてしまいます。ブログによっては、稼げる記事といった表記で即納記事でも稼げると記載しているところもあります。

 

即納記事で全く稼ぐことができないのかというと、必ずしもそうとは言い切れません。

 

購入しようとしている即納記事に、実際に稼いだ実績があるのかというと不明ですよね。

 

稼いだ経験のある文章であれば、購入してブログに追加することを考えても良いかもしれませんが、そうでなければ、その記事をブログに入れたとしても稼げない可能性も高いです。

Googleにコピペ記事と判断される確率が高い

100円などの破格の値段で購入することができる即納記事は、Googleにコピペ記事と判断されてしまう可能性が非常に高いです。

 

記事を量産するということは、時間がかかります。慣れているライターであったとしても、1記事3000文字を書くためにかかる時間は、1~2時間です。

 

それにもかかわらず、100記事を100円で販売できるということは、ライターが書いているものではないと思った方が良いです。

 

というよりも、そのくらいの値段でライターがオリジナルの文章を書いている可能性は0%です。その理由は販売する側の収支が合わなくなるからです。

 

では、どのようにして、100記事100円で販売することを可能にしているのでしょうか?

 

破格の値段で、記事を販売するためには、自動生成ツールを利用していることがほとんどです。

 

他社の記事を引用したり、コピーしたりして、単語を並べ替えただけのような記事なので、手軽に量産することができ、安価で販売することができるのです。

 

しかし、記事の引用やコピペしたような内容なので、コピペチェックをすると引っかかるような記事になっています。

 

そのため、Googleからもコピペ記事と判断されてしまい、ペナルティを受けてしまう可能性があります。

 

ペナルティを受けてしまったら、上位表示して収益化したいブログを作ろうと思っても、実現することからは遠のいてしまいます。

ユーザーに読まれる文章になっていない

100記事100円のような即納記事は、転載やコピペが多用されているということを解説しました。

 

他の記事から引っ張ってきた文章の、単語を並び替えて生成しているようなものです。そのような記事になっているため、ユーザーにとっては、読みづらい文章である可能性が高いです。

 

日本語としておかしい部分があったり、論理的に通じないような文章になったりしていることも少なくありません。

 

そのため、ユーザーがその記事を読んだとしても、理解しづらい部分が多く、離脱してしまう可能性も高くなります。

 

Googleはアルゴリズム変動を通じてユーザーの満足度向上を目指しています。傾向の変化としても、ユーザーの検索意図にあったページが上位表示されるようになってきています。

 

ただ、その傾向に対して、記事生成ツールで作成されたような文章をアップしたとしてもGoogleに評価される可能性は低いです。ユーザーに読まれる文章をブログに上げていく必要があるのです。

内部対策に応用しづらい

即納記事は、ブログの内部対策をする上で使いづらいというデメリットがあります。

 

量産された記事はキーワードの関連性が薄かったり、ユーザーの検索意図に合っていないページである可能性が高いです。

 

検索キーワードに対して、最適化された文章になっていないため、記事単体としても上位表示する確率は低いです。

 

記事単体ではなく、ブログ全体で見たとしても、量産された記事は利用しづらいという特徴があります。

 

なぜなら、それぞれの記事の質が低いため、ブログ全体で内部対策を行って、構造化しようと思っても、コンテンツが不足している可能性が高いからです。

 

内部リンクを送る必要があるように思えたとしても、コンテンツ不足で内部リンクを送ることができなかったり、パンくずリストで構造化をはかろうと思っても、記事が不足してしまうこともあるでしょう。

 

このように、即納記事をブログに追加したとしても、上位表示するために適切な内部対策を行うことが難しく、結果的に収益化しづらいブログになってしまう危険性があります。

検索結果で上位表示しづらい

上記で解説してきたとおり、即納記事はユーザーにとって、有益な情報を提供できない可能性が高いです。

 

・他社記事のコピペ・転載による自動生成ツールを用いている

・ユーザーにとって読みづらい文章になっている

・内部対策を行いづらい記事構成になっている

 

このような理由から、ユーザーの検索意図を反映した記事の作成・ブログ制作が難しくなります。

 

その結果、Googleからの評価も上げることができず、上位表示させることもできないのです。

 

したがって、即納記事でブログを作ったとしても、収益化することができずに、費用が無駄になってしまうかもしれないのです。

アフィリエイト記事購入で失敗しないために

アフィリエイト記事を購入するときに、即納記事を購入すると失敗する可能性が高いです。

 

上記で解説してきたとおり、即納記事を購入して、そのままブログに記事を追加したとしても稼げるブログを作ることはできません。

 

では、アフィリエイト記事を購入して、稼げるブログを作ることはできないのでしょうか。

 

実際、そのようなことはありません。

 

稼いでいるアフィリエイターの多くは、自分で記事を書かずに記事を購入しています。

 

では、記事購入で失敗しないためには、どのような記事を購入するべきなのかと思う人も多いでしょう。

 

きちんと企画からテスト実証して「稼ぐために設計」されている、広告素材.COMの記事テンプレを活用することをおすすめします。

 

広告素材.COMの記事テンプレをおすすめできる理由は、以下の3点です。

 

・実績があるため信頼できる

・ジャンルを分別しているから使いやすい

・完成されている記事をリライトするだけなので簡単

 

それぞれについて、以下で詳しく解説していきます。

実績があるため信頼できる

 

広告素材.COMのアフィリエイト記事テンプレは、テスト実証して成果のあがった記事を厳選して販売しています。

 

また、初心者アフィリエイターがアフィリエイトブログを作成する際、迷子になることのないように別ページへアクセスを誘導する箇所、アフィリエイトURL受け込み箇所には付箋をしています。

 

 

そのため、実績不明な即納記事とは異なり、ブログを収益化するという目標に向けて、効率よく記事を追加していけるため、初心者の方にとっても活用しやすいのが魅力的なポイントです。

 

ライティング経験やブログ運用経験がないと、どうしても売れる文章の書き方や構成づくりが分からないものです。

 

そんな中でブログを作って、記事を追加していったとしてもユーザーを集めることはハードルが高くなります。

 

ユーザーがブログに来たとしても、読んでもらえなかったり、コンバージョンまで至らなかったりして離脱してしまう可能性が高いです。

 

しかし、記事テンプレを活用すると、すでに完成されている記事を参考にすることができるため、ブログを収益化することにも役立ちますし、自分のライティング力の向上にも役立てることができます。

ジャンルを分別しているから使いやすい

広告素材.COMで販売している記事は、全てジャンル分けされています。

 

アフィリエイトで人気のジャンル別に分類されているため、自分が興味のあるジャンルやアフィリエイトで挑戦してみたいジャンルを自由に選ぶことができます。

 

即納記事の場合、販売しているブログによっては、無作為に大量の記事を販売しているところもあるようです。

 

そのような記事を購入すると、自分が利用したい記事は、全記事のうちの限られた記事になってしまい、その他の記事は無駄になってしまう可能性もあります。

 

したがって、効率よく稼げる記事を手に入れるためには、記事テンプレを活用することがおすすめなのです。

完成されている記事をリライトするだけなので簡単

記事テンプレは、すでに完成されている記事になっています。

 

ただ、そのままブログに追加すると、自分の言葉で書いた記事と違う口調や文体になってしまいますから、自分の言葉にリライトしてブログに追加してください。

 

完成された記事を自分なりの言葉・表現にリライトするだけなので、1から記事を作成するよりも効率的に質の高い記事を追加していくことができます。

 

初心者の方でも記事をリライトするだけで、ライティングの勉強になります。

 

キーワード選びや、文章の構造、ユーザーに刺さりやすい表現方法などを、リライトする中で、体に染み込ませるように学ぶことができるのが嬉しいポイントです。

 

ライティングを学びながら、収益に繋がるブログを作成していくことができるため一石二鳥なのです。

即納記事を購入するよりも記事テンプレで稼いでいこう!

ここまで、主に即納記事では稼げない理由を解説してきました。即納記事は、100記事100円といったように安価な値段で大量の記事を購入することができます。

 

記事を量産して、ブログをたくさんつくることで効率的に稼げると思う人も多いです。

 

しかし、即納記事は1記事1記事の質が低く、上位表示させることが難しいものになっています。ユーザーにとっても有益な情報になっていない可能性が高いため、稼げるブログを作成したい人にはおすすめできません。

 

記事を購入して稼げるブログを作りたい場合は、記事テンプレを活用してみてください。初心者の方でも、ブログ運営に慣れている方でも、効率的に稼ぐために役立つものになっています。

 

興味のある方は、まずは一度試してみてはいかがでしょうか。

おすすめの記事