こんにちは。広告素材.COMの藤原です。

 

PPCアフィリエイト“でも”1クリックで100万円稼いだとか、広告費×100倍稼げるとかインチキ情報が多くありますから、昨日公開した記事を読んでくれたこれからPPCアフィリエイトを実践する予定の読者さんより・・・

 

「1か月で10件のコンバージョンってPPCアフィリエイトでは少なくありませんか?」

 

「自動化運営にするには、最低50件のコンバージョンが必要ではないのですか?」

 

こんなメッセージが到着しました^^;

 

このような煽りに関しのカラクリを教えますと

 

・1クリックで100万円稼いだ=1クリックで情弱で欲の皮の突っ張ったバカを釣った

 

・広告費×100倍稼げる=警察のご厄介になるような悪徳商品を販売してバックマージンを貰った

 

どちらにしでも「健全にアフィリエイトで稼ぐ」ノウハウではありませんのでご注意を!

 

何はともあれ記事を更新したり、メルマガ配信して、レスポンスよく質問やコメントが到着するのは、いつでも嬉しいものですね!

 

扨て、今回のご質問に関してのご回答をシュアさせていただきます。

 

「質問」1か月で10件のコンバージョンってPPCアフィリエイトでは少なくありませんか?

もちろん私のGoogleやYahoo広告のアカウント実績では、もっと多くの実績のあるキャンペーンは存在しています。

 

 

流石に月間10件とかのコンバージョンでは、節約主義の私でも生活ができませんので(笑

 

しかし、広告の運用法も販売元が直接運用しているアカウントとアフィリエイターが運用して利益を出すノウハウって「別物」で、あまり参考になることってないので、本ブログではアフィリエイトのみの情報のみを抜粋して提供しています。

 

なぜかといえば、私のように自社商品を直接販売している企業アカウントでは、たったの1クリックの成果で50万円売り上げることもありますし、1度商品を購入してくれたお客様が数カ月、数年とリピート購入してくれるので

 

広告投資に対する利益算出法が「コンバージョン単価」ではなく、最終的にお客さんがどれだけお金を使うか(LTV/ライフ タイム バリュー)なんですよ。

 

だから、1か月の目標コンバージョン単価3000円のところ、5000円の単価で獲得しても売り上げベースで算出しても全然儲かるわけなんですよ。

 

一方、アフィリエイターの場合ですと、1商品販売で12000円とかの特別単価をもらっていても、どこまで行っても1コンバージョンに対してのアフィリエイト報酬となっていますから、必ず目的コンバージョン単価は厳守したいといけません!

 

以前もこちらの記事でご説明しまいたが、検索キャンペーンでは「成約に繋がるキーワード」に厳選して配信しますと、安価に獲得できる分だけ成約数は下がります。

 

要するに広告費に対するアフィリエイト報酬の利益率が高くなる分だけ、獲得数は減少するという事ですね。

 

では、「もっと稼ぎたい場合はどうすれば良いか?」といえば、私は別ジャンルのサイトを量産することを強くお勧めしています。

 

皮肉ではありませんが、PPCアフィリエイトのノウハウを提供されている方では、月間300万円稼いだとか、2000万円稼いだとかの実績を公開していますが

 

使っている広告費を確認しますと売り上げの3分の1は投資しています。

 

300万円の報酬であれば100万円前後、2000万円であれば700万円前後という感じですか。

 

少し前まで流行っていたYahooリスティングを使った商標キーワードのペラサイトの場合では、広告投資額の2倍以下というのが一般的ではないでしょうか。

 

ご自身で生徒さんやお客さんへノウハウ提供をしていますと、稼げるPPCアフィリエイトサイトを量産することも、コンバージョンの改善して利幅を大きくするためのメンテナンスすることも時間的には不可能なので、こんな感じになってしまうのでしょうけど

 

1~3サイト程度でPPCアフィリエイトを実践していますと、どれだけスキルの高い人が運用していても、これくらいの利益率になるのが平均値なんですよ。

 

300万円程度を投資できるお金持ちの方でしたら、投資額の2倍、3倍稼げれば御の字かもしれませんが、投資できる金額が300万円以下で、PPCアフィリエイトをこれから開始する初心者の場合では、

 

まず資金力をつける必要があるので、利益率を重視した運営を行うべきかと私は思います。

 

そして利幅を大きくするには、PPCアフィリエイトサイトの量産が必須なんですよね!

「質問」自動化運営にするには、最低50件のコンバージョンが必要ではないのですか?

巷では、アフィリエイトでも自社の商品販売(見込みリストの獲得を含む)でも、最低30件~50件のコンバージョンが発生しないと自動化運営が不可能との情報多く公開されていますが、元となる情報はGoogle広告が提供しているこちらの記事です。

 

実際、運用されている方でしたらご存知かと思いますが、現在のGoogleでは初期段階からでも目的コンバージョンを設定した運用を運営して成果を上げることもできますし、月間少ないコンバージョンの実績でも自動化運営を行うことができます。

 

しかし、当初から自動化運営を行うことで、Google広告のAIが獲得見込みのあるユーザーを探しに爆走することも良くありますので、当初はクリック数の最大化で、安価なクリックを集めて少ない数でもコンバージョン実績を作って自動化へ切り替えるほうが安全です。

 

 

キャンペーン開始から少ない数でもコンバージョンが取れますと、Google広告の方で自動化運営の最適化案を出してくれるので、このタイミングで自動化運営に切り替えればOKです!

 

※囲みの数値が大きいほど、より多くのコンバージョンが獲得できる見込みがありますよ!!


 

では、本日はこのへんで!!

おすすめの記事