こんにちわ。藤原です。

 

少し前になりますが、今後予定している新規事業の視察と事業視察を兼ねて函館へ行ってきました!

 

やはり現地での情報収集ってアフィリエイターでも、ブロガーでも重要だなーと痛感されられる点が多々あり良い刺激をもらってきました^^

 

なぜ重要かといえば、やっぱりネットで収集できない情報も多いわけで多くのグルメブロガーや旅ブロガーさんって、自分で食べたことのないものを紹介したり、現地に行ったことがない各地のスポットを紹介することって多いじゃないですか?

 

で、こういった情報をどこから収集しているかといえば、関連キーワードで上位表示されているサイトやブログを参考に、記事を書くのでどれも似たり寄ったりの情報しかないんですよね^^;

 

例えば、今回行ってきた函館といえば「イカ」を始めとした海産物、カレー、函館ラーメンなどがご当地グルメとなっており、海産物は駅から3分のところにある「朝市」が有名だったりしますが、

 

実際に現地に人は朝市に行かず路面電車で2駅先にある「自由市場」で購入することが多く、値段も安く品数も豊富だったりします。

 

この手の情報って、実際現地に行っていないと解らないもので、私が休暇の際は全国の各地に行き名所やグルメ情報を検索で調べたりしますが、検索上位に表示されている情報ほど現地に行くとアテにならないことがです。

 

だから、この記事を読んでいるグルメブロガーさんでしたら、駅そばを紹介する際は実際に現地に行って食べてみた記事を、旅ブロガーさんでしたら現地に行って独自の視点で情報配信をしていただきたいと願う今日この頃です!

(経費は税金で落ちますよ 笑)

1日目:谷地頭温泉、立待岬、函館山

扨て、前置きが長くなりましたが、前回目的にに到着するまで「7時間半」という過酷な移動を強いられたので、今回は飛行機に乗って3時間で函館に到着。

 

はりきって朝市の飛行機で行ったものだから、函館駅に到着したのが朝の9時の時間で、朝市くらいしかやっているお店もないんですよ^^;

 

とりあえず朝食も食べたっかったので朝市へ。

イカ好きの私にとっては楽しみの1つだった活イカの刺身も、このシーズンのイカは手のひらサイズともの凄く小さく1口で食べられるほど…少し残念でした^^;

 

で、ごはんを食べたら眠気ができてきたので、仮眠ができるとことを探していると、駅の交番で谷地頭温泉という「立待岬(たちまちみさき)」方面の路面電車の終点にあるところを勧められたので、とりあえず谷地頭温泉へ

↑この温泉は函館市が経営しているとのことですが、その辺の健康ランドより管内が充実しており、さらに、有馬温泉と同じ「黄金の湯」が五稜郭の形をした露天風呂で楽しめます^^

 

館内には缶ビールも売っているし、食堂もあるので近隣に住んでいる年配者はもちろん、定期的に函館に訪れる道内の方々で賑わってます(笑

 

で、ここから急な道を歩くこと30分程度のところに有名な立待岬があるのですけど、「急坂を30分」と聞いて迷ざずタクシーで現地へ。

 

行ってよかったと思う「絶景」でした^^

この周辺には「石川啄木」の墓や

幕末の志士墓などが多く、なにげに見どころ満載だったりします!!

 

こんなフラフラ歩いて街中のほうへ戻ていると、坂本龍馬さんの銅像あり、

やはり有名なレンガ通りがあったり

日本ではじめて立った電柱ありと、散歩してても飽きることはないです。

 

で、天気予報によると私が滞在しているときは天候は全て「晴れ」となってましたけど、前回の失敗を踏まえて、「見れるときに見ていこう!」と函館山に行って、

夜景を見て、凍えるほど寒かったので“札幌ラーメン”を食べてホテルで爆睡。

2日目:五稜郭、大門屋台村

この日は早起きして仕事の視察を済ませてから、函館駅から10分程度の「土方歳三さんの最後の地」を見に行ってから五稜郭へ。

五稜郭タワーからみると、素敵な景色なのですけど、意外と五稜郭は観光するスポットが少なく、付近には観光客相手の飲食店やキャバクラなどが犇めく繁華街の色のほうが濃かったりします(笑

 

私の言ったときには、幕末戦争のイベントがり、私立博物館で開催しているというので、谷地頭温泉の1つ手前にある博物館へ

この博物万では「現地の歴史資料」の原本があるので、見どころ満載!

 

やっぱり、こういう現物を見れるのは地元観光ならではですよね^^

 

で、一通りこの日のスケジュールを熟してから

 

 

B級グルメ大好きの私が好きな「屋台村」があるというので、この日の夕食はジンギスカン^^

3日目:名称巡り、大門バルの参加&ラッキーピエロ

洒落たカフェで「チャイ」を飲みつつ視察した資料をまとめて、この日は最終日という事もあって、函館の名称巡りをしました。

函館は大きく分けて4つの観光スポットがあり、函館山を背中に見て、右側の谷地頭方面、左側の外人墓地や新島襄が国抜けしたスポットなどがある方面、

 

この2つの中間に位置する赤レンガ通りや函館山付近の教会通り、そして五稜郭の方面ですが、これ近いようで結構観光には時間がかかりますので、予定より1日多く宿泊することをお勧めします!

 

その理由は、函館って坂道が多いので体力の消耗がすごいんですよ。坂の町として有名な長崎よりキツイです^^;

で、余すことなく函館観光をして、前日行った屋台村でイベントがあるというので参加して、毎度現地で仲良くなった人たちと朝まで呑み明かして、函館の視察&観光の旅は終了!

 

余談ですが、函館には「ラッキーピエロ」という、昼でも夜でも行列に並ばないと食べることのできない大人気のファーストフードがあります。

あなたが函館に行く機会がありましたら、話のネタに食べてみてください!


 

はじめて訪れた函館ですが横浜、長崎と合わせて異国文化ありありでとても良い街でした。また機会があったら行ってみたいと思います!!

 

おすすめの記事