こんにちわ。広告素材.COM事業部です。

 

1記事200円~500円で購入できる激安記事。記事自体の料金が安いため、大量に購入して、サイト内の記事数を増やすことができます。

 

記事数を増やすことによってサイトの質が高まり、Googleからの評価が当たって上位表示しやすくなると言われています。

 

サイトの記事を上位表示させて売上アップに繋げたいものですが、激安記事には落とし穴があります。

 

激安記事でサイトを作ったとしても稼げない可能性が高いのです。ここでは激安記事でサイトを作成しても稼げない理由を分かりやすく解説していきます。

記事代行が激安になっているのはどうして?

記事代行サービスを利用すると、激安料金で記事を作成してもらうことができます。

 

1記事200円~500円程度で記事を作成してもらうことができますし、業者によっては1記事100円というところもあるようです。

 

通常であれば、1記事あたり2000円~3000円という金額が相場ですが、どうしてそのような安い料金で記事を作成してもらうことができるのでしょうか。

 

その理由は、一言でいうと、記事の質が低いからです。

 

基本的に激安で記事代行をしてくれる業者は、記事の自動生成ツールなどを使用しています。そのようなツールを使用することで、少ない労力で記事を作成することができるからです。

 

実際の記事の作り方としては、他社の上位表示している記事の単語を別な単語にしたり、単語の順番を入れ替えたりするだけです。

 

そのようなものを、プログラムを組んで自動的に生成することで、激安料金で記事を販売することができるのです。

激安の記事代行では稼げない5つの理由

激安の記事代行を利用することで、少ない費用でサイトに記事を追加していくことができます。そのため、サイトの収益化もスムーズに進むようなイメージを抱く人も多いものです。

 

しかし、激安記事を利用してサイトを作成したとしても、そのサイトから稼ぐことができるようになる可能性は低いです。

 

どうして激安記事では稼げるサイトを作成することが難しいのか、その理由を解説していきます。

 

主な理由は、以下の通りです。

 

・キーワード選定が曖昧

・売れる構成、文章になっていない

・激安で販売するためにはプロライターに依頼することができない

・検索意図に合った内容になっていない

・上位表示しづらい

 

それぞれの理由について、以下で詳しく説明していきます。

キーワード選定が曖昧

激安記事はキーワード選定が曖昧になっている可能性が高いです。

 

売れるサイトを作成するためには、売れるキーワードや、アクセスを狙いやすいキーワードを狙う必要があります。

 

そのようなキーワードを意図的に狙って記事を書いていくことで、上位表示をさせることができたり、売れる記事を作成したりすることができるようになります。

 

しかし、激安記事の場合は、狙ったキーワードでは上位表示することができません。

 

ただ単に他のサイトの記事の単語を入れえたようなものになっているため、狙ったキーワードが記事内に含まれなくなってしまうかもしれません。

 

そのため、狙ったキーワードで上位表示することができず、無駄な記事になるリスクがあるのです。

売れる構成、文章になっていない

激安の記事代行サービスを利用すると、売れる構成や文章になっていないことが多いもの。

 

自動生成ツールを利用することによって、もともとは売れる文章構成になっていたものであったとしても、コピ―コンテンツにならないように構成がバラバラになってしまうこともあります。

 

単語の位置も並べ替えられたり、似たような単語に代替されたりすることによって読みづらい日本語になってしまうこともあるのです。

 

このように、激安記事を利用すると、売れる文章とは程遠くなってしまう可能性が高いため、激安記事では稼げないといえます。

激安で販売するためにはプロライターに依頼することができない

激安で販売されている記事は質が低い可能性が高いため、稼げないのです。サイトに掲載する記事を激安で販売するためには、少ない費用で記事を生産する必要があります。

 

費用をかけずに記事を作成しようと思うと、自動生成ツールといった効率的に記事を量産できる方法を採用しなければなりません。

 

一方、高品質で売れる記事を販売するとなると、プロのライターに依頼する必要があります。

 

キーワードのニーズを組んで、最適な記事を作成するためには、人間のプロライターに依頼することが最も効果的だからです。

 

しかし、そのようなライターに記事の作成を依頼する場合、高い費用がかかってしまいます。1記事あたり2000文字だとしても2000円~5000円程度の報酬を支払う必要が出てくるのです。

 

激安料金で記事を販売するためには、質を下げなければならないため、そのような記事では稼ぐことはもちろん難しくなります。

検索意図に合った内容になっていない

サイトから報酬を発生させるためには、ユーザーの検索意図に合わせた文章を作成する必要があります。

 

そのキーワードを検索するユーザーは、どのような人で、どのような悩みを持っていて、何を解決したくて、キーワードを検索したのかといったことを把握する必要があるのです。

 

しかし、激安記事では、そのようなユーザーの検索意図に対応することはできません。

 

激安記事は、ツールを用いて記事を作成されることがほとんどなので、ユーザーの検索意図といったところまで分析することができていないのです。

 

そのため、記事にユーザーの流入を集めることができたとしてもコンバージョンまで達成しない可能性が高くなります。

 

そうすると、せっかくページを訪れたユーザーが何の行動もせずに離脱してしまいます。その結果、サイトとしての評価も下がってしまい、サイトで稼げる可能性がさらに低くなるのです。

上位表示しづらい

激安記事では上位表示しづらいものです。その理由としては、以下のようなものが考えられます。

 

・検索意図に合ったページにならない

・構成が適当ではないため内部対策をしづらくなりPVも稼ぎずらくなる

・コピーコンテンツと判断されてサイトが飛ぶ可能性がある

 

激安記事の特徴として、先ほど解説した通り、ユーザーの検索意図に合ったページを作成できないというものがあります。

 

加えて、記事の構成がユーザーに適したものにならず、内部リンクを貼ってもクリックされな可能性が高くなります。内部リンクを貼ったとしてもクリックされなければ、PV数を増やすことはできません。

 

また、激安記事は、Googleにコピーコンテンツと判断されてしまう可能性が高いです。

 

多くの場合、他社の記事のリライト版のようなもので、単語の入れ替え、文章の順番の並べ替えのようなものになっています。

 

その結果、Googleにコピーコンテンツと判断されてペナルティを受けてしまい、サイトが検索結果から跳ねられるかもしれません。

 

このような理由から、激安記事では上位表示が難しくなるため、稼げないといえるのです。

稼ぐサイト作成のためには高品質の記事を増やすこと!

ここまで、激安記事の料金が安い理由や、激安記事では稼げない理由を解説してきました。

 

最後にもう一度激安記事では稼げない理由をおさらいしておきましょう。

 

・キーワード選定が曖昧

・売れる構成、文章になっていない

・激安で販売するためにはプロライターに依頼することができない

・検索意図に合った内容になっていない

・上位表示しづらい

 

このようなことから、激安記事をサイトに追加したとしても稼げない可能性が高いです。

 

自分で記事を作成したり、他のサービスを利用したりして、高品質の記事をサイトに追加するようにしましょう。

 

ユーザーにとって、最も価値のある情報を提供することが、稼ぐために大切なポイントです。高品質の記事をサイトに増やし、収益化を目指すようにしましょう。

おすすめの記事