こんにちは。広告素材.COMの藤原です。

 

PPCアフィリエイトで安定収入を得られるようになって、次はさらに大きな報酬を目指してアドアフィリエイトにチャレンジしてみよう!

 

ブログをコツコツ書くのが苦手なので、広告を活用し短時間でアフィリエイト成果を上げたい!

 

アドアフィリエイトを実践しているけど成果がいまいち…、どこを改善して良いか解らない…。

 

近頃、こんなご相談がサーポートへ到着することもあって、今回はネット広告の運用歴10年の私が、GDN(グーグルディスプレーネットワーク)を始めとしたアドネットワークを活用したアフィリエイトの始め方をご紹介します。

 

この情報は、月収1000万円以上稼ぐアドアフィリエイター間では「門外不出」ともいえるもので、他では公開していることはありませんから、この情報を知るだけでも本記事を読む価値はありますよ^^

 

また実践する方へ真面目な話ですが、広告を使うことで即日からでも成果報酬を得られる反面、無知がゆえに10万円、30万円、50万円広告費を使っても1円も稼げないとう悲惨な状況になることもアフィリエイトを含む広告業界では良くある話です。

 

だから、これからアドアフィリエイトを実践するあなたは、本記事で基礎から学んでくださいね!

 

ここでは5万円~10万円の広告費を使って手堅く成果を出す運用法から、10万円~99万円まで、100万円以上広告費を投資してガッツリ稼ぐ

 

3つの予算に合わせたアドアフィリエイトの始め方と具体的なやり方をご紹介します!!!

アドアフィリエイトとは

「アドネットワーク」という仕組みを活用しアクセスを集めて、アフィリエイトで稼ぐ仕組みのことです。

 

2年程前までは、facebookアフィリエイト、YDNアフィリエイト、ツイッター広告アフィリエイトなど、「各メディア名+アフィリエイト」という名称が使われていましたが、

 

恐らく“アフィリエイトLab”という人気塾がアドアフィリエイトという名称を使い出したこともあって、

 

現在では、SNSやGDN、その他のアドネットワークを活用したアフィリエイトを一括しアドアフィリエイトという呼び方が定着しているかと思います。

アドネットワークの仕組み

アドネットワークは1つ配信先のアカウントを持っていれば、大手ニュースサイトや人気のWEBサイトやスマホアプリ、個人ブログに一気に配信することが出来たり

 

あなたが広告したいアフィリエイトジャンルの属性に近いサイトやYoutube動画に厳選して広告配信が出来るようになっています。

 

 

例えば、facebookで広告配信をする場合、「Instagram」(インスタグラム)、「Audience Network」(オーディエンスネットワーク)といったfacebook以外のサイトへも配信できますし

 

GDNで広告配信する場合でしたら、「Yahoo」や「女性自身」という有名サイトから人気のスマホアプリ、個人ブログまで一括して配信することが出来ます。

 

 

※↑GDNではYahooにも広告配信することが出来ます。

 

だから、予算が少ない場合、属性に近い個人ブログや動画のみに厳選して広告配信すれば手堅く成果を上げることが出来ますし

 

多額の予算があるようでしたら、予算上限まで不特定多数のメディアに一気に配信してガンガン成果を上げることが出来るという訳です^^

 

ちなみに、最近Youtube広告でも“拡張機能”を使うことで、Youtube以外のサイトへも動画広告を配信することが出来るようになっていますが混乱してしまうので、本記事ではYoutube広告は省略します。

 

ご興味のある方は別記事のYoutube広告の始め方を参考にしてください。

国内主要のアドネットワーク

興味のある人も多いと思いますのでアドアフィリエイトで利用できる代表的な配信先をご紹介しておきます!

 

・GDN(グーグルディスプレーネットワーク)

世界最大のネットメディアGoogleが提供するアドネットワークサービスです。

 

有名どころのサイトはもちろん、人気のスマホアプリから個人ブログまで一括して配信することが出来るので、GDNがあればその他のネットワークは不要といっても過言ではありません。

 

・facebook(フェイスブック)

facebookはGDNほど配信面は多くありませんが、それでも世界一のSNSサイトであるfacebook、利用者数が急上昇しているインスタにも配信することができ

 

facebook広告の持つ独自のアルゴリズムは精度が高いので、継続配信してもコンバージョン数に大きな波はありません。

 

・i-mobile(アイモバイル)

国内最大級のアドネットワークサービスです。

 

YDN、GDNが掲載できないようなサイトでは殆どi-mobileの広告が掲載されているので、ニッチなジャンルであったりアダルト要素を含むアフィリエイトのジャンルの場合は、i-mobileがおすすめです。

 

※i-mobileはアダルト関連も配信可能です。

※Yahooが提供する「YDN」(ヤフーディスプレイネットワーク)は現在でアフィリエイト利用はNGとなっています。

アドアフィリのメリットとPPCアフィリとの違い

ネット広告を活用して一番成果の高いものはリスティング広告(検索連動型・PPCアフィリエイト)ですが、

 

リスティング広告を活用したPPCアフィリエイトは配信ボリューム(獲得数の上限)が少ないので、

 

PPCアフィリエイトのみで大きな報酬を得たい場合は、別ジャンルでアフィリエイトサイトを量産する“横展開”は必要不可欠です。

 

この際、新しいサイトを作成し、成果に繋がるキーワードを探し出して、費用対効果が合うように単価調整するだけでも1つのキャンペーンで最低1か月の時間がかかるものです。

 

例)PPCアフィリエイトで月収100万円稼ぐ場合

・ダイエットサプリ紹介サイト:37万円の報酬

・出会い系アプリ紹介サイト:34万円の報酬

・青汁紹介サイト:17万円の報酬

・ワーププレステーマ紹介サイト:12万円の報酬

 

一方、アドアフィリエイトの場合では、前記しているように配信ボリュームが無限大にあることから、1つアフィリエイトサイトを作成すれば、その他サイトを量産することなくして大きな成果を上げることは出来ます。

 

例)アドアフィリエイトで月収100万円稼ぐ場合

・ダイエットサプリ紹介の1つの記事LPだけでOK

 

また、ある程度コンバージョンが獲得できるますと自動化運用も可能、さらに配信先で「ターゲット拡張」という機能がありますから自動的に配信先がユーザーを獲得してくれる手放し運用が出来るのですよね。

 

 

こういう背景があるので、俗にいう「記事LPで月収1億円稼ぐ」というアフィリエイターでは、PPCアフィリエイトを除外しアドアフィリエイトのみ実践しているのが現状です。

アドアフィリエイトの費用と開始準備

アドアフィリエイトを始めるにあたり準備しないといけないのが「費用」と「配信先の確定」と「素材作成」です。

 

では、一番気になる費用面から、具体的にどれくらいの広告費を準備すれば良いかといえば15万円になります。

 

Googleが広告主を誘導する謳い文句で3000円から始められるとか、1動画再生10円とかありますが、利用できるのと「成果が出るの」は別物と考えてください。

 

また、15万円の算出は「1か月5万円×3か月分」の広告費としています。

 

なぜ、3か月分が必要になるかといえば、ASPからアフィリエイト報酬が入金されるまでの期間を見ています。

 

実際、アドネットワークを始めとした広告運用をしていますと即日からでも報酬は得られるものですが、成果が上がるからといって予算オーバーして広告配信してしまって、

 

支払い時期になって手元に現金がなく「黒字倒産」するアフィリエイターって多いのですよね^^;

 

ですから、小資本でアドアフィリエイトを始める際は、最低3か月は決められた予算で運用し、アフィリエイト報酬が入金されてから徐々に広告費を追加する手堅い運用法を行ってみてください。

アドアフィリの実践準備

次は、アフィリエイトで稼ぐために必要不可欠な以下の準備になります。

 

・1成果3000円以上のアフィリエイト案件に厳選する

・記事LPやWEBサイトは事前に成約率を確認しておく

・画像は複数パターンを用意しておく

・テキストは「呼びかける」「新しい発見」「顕在的意識を喚起させる」文言を使うこと

・マイクロコンバージョンは必ず設定しておくこと

・小予算の場合は媒体を1つに厳選すること

 

順番に解説しますね!

1成果3000円以上のアフィリエイト案件に厳選する

アドアフィリエイトでは、広告ジャンルや配信先によっては、初動時にコンバージョンが見合わないことが多いです。

 

だから、ここでは1成果3000円としていますが“多いければ多いほど良い”というのが本当のところですから

 

あなたが普段利用しているASPがありましたら、担当者へアフィリエイトサイト完成後にURLとあわせて

 

「広告を使って集客するので~」と説明したうえで特別単価が貰える単価交渉をしてみてください。

 

客観的に見て完成度の高い素材と、広告運用することで見込めるコンバージョンがあれば単価交渉にはのってくれる広告主は多いです。

 

また、確実に特別単価を貰いたいのであれば、以下の記事で紹介している「琉球の酒場コミュニティー」へ入会するのも1つの手段です。

記事LPやWEBサイトは事前に成約率を確認しておく

収益の柱となるアフィリエイトサイトや記事LPは、本当に重要なので素人感がないようにクオリティー高く作成してください。

 

既に「比較サイト」などでPPCアフィリエイトを実践していたり、SEO対策して運用しているブログがありましたら、現在運営しているサイトはそのままの形でアドアフィリエイトで使えると思います。

 

また、ツイッターなどを活用して記事LPでアフィリエイトしている場合も然りで、薬事法とかの懸念がないようでしたら、そのまま使えます。

 

記事LPを活用する際の注意点ですが、GDNで配信する場合では、ワードプレスでブログを1サイト作りブログで記事LPを公開してください。

 

なぜ、ブログを使わないといけないかといえば、GDNでは1記事のみで広告配信することをNGとしているからです。

 

だから、ブログにコンテンツをまとめて“自分のブログを広告している”というイメージで配信する必要があるのです。

 

余談ですが、PPCアフィリエイトからアドアフィリエイトに参入して失敗している人に共通しているのは、サイトの作り方が雑ということです^^;

 

特に「商標キーワード」でPPCアフィリエイトを実践している人って、検索で使っているペラサイトを使い回したりしていますが

 

さすがに、アドアフィリエイトでは、あの手のペラサイトでは成果を上げることはできません。

 

 

↑YahooのTOPページへあなたのアフィリエイトサイトが掲載されることを踏まえて、クオリティー重視で作成くださいね!

 

画像は複数パターンを用意しておく

全てのアドネットワーク媒体に共通していますが、クリック率を高くする秘訣は画像素材にあります。

 

媒体によって無料素材を提供してくれたりもしますが、ここはクリック率を上げるためにも有料素材を使ってみてください。

 

画像サイズは配信先によって若干異なり、現在は「レスポンシブ」広告が主流となっていますので、

 

人目を引き寄せるパンチのある画像を5枚程度用意して運用していれば、GDNやfacebookで自動的に反応の取れる素材へ最適化をしてくれます。

 

・レスポンシブ広告とは?

今までアドネットワークを活用する際は、サイズの異なる指定サイズのバナーを作成する必要がありましたが

 

レスポンシブ広告は画像とテキスト文言を設定しておけば、GDNなどの配信先が掲載サイトに合わせて自動的に調整してくれる機能です。

 

 

一目で広告と解る広告画像と比較してレスポンシブ広告は高いクリック率があるとされています。

 

また、GDNやfacebook広告でクリック率、成約率をアップする秘訣としまして30秒程度の動画を使うことです。

 

人は“動きのあるものをクリックする”という習性があり、また動画素材を使うことで表示回数も上昇しますのでご一考くださいませ。

テキストは「呼びかけ、発見、喚起」文言を使うこと

画像の次に重要な素材パーツは「テキスト文章」になります。

 

ここは、PPCアフィリエイターやアフィリエイトブログ運営者に一番注意してほしいところですが、

 

普段は、PPCやブログでアクセスを集める際は、タイトルに「検索キーワード+○○」としてタイトル文章を作成するのが一般的ですが

 

アドネットワークでは、検索する人を対象にしていないため“気付きを与える”“共感を求める”文言で広告文章を作成しないと高い成果を上げることはできません。

 

例)青汁をアフィリエイトする場合のタイトル

・毎日の野菜不足が気になるあなたへ

・たったの100円で野菜不足も解消!

・子供が病気がちになる原因はコレ

 

↑青汁という文言はあえて使わない。

マイクロコンバージョンは必ず設定しておくこと

アドアフィリエイトはコンバージョンタグを設定した運用は必要不可欠となっています

 

なぜなら、肌感でコンバージョンが出たキーワードを想定できるPPCとは異なり、アドネットワークは配信先が膨大にあることから、成約に繋がったサイトと成果の出ないサイトの分別が全く出来ないからです。

 

しかし、広告主では、アフィリエイターが依頼してもコンバージョンを設定してくれることは稀ですからマイクロコンバージョンという仕組みを活用し、どのサイトでコンバージョンが取れたか、という測定をしなくてはいけません。

 

この設定方法は以下の記事で紹介していますので、マイクロコンバージョンの仕組みや設定が不明な際は参考に準備を進めてください。

小予算の場合は媒体を1つに厳選すること

月間使える広告費が50万円以下の場合、GDNに厳選してください。

 

以前は、facebook広告でも小資本で運用可能だったのですが、近年「1週間で50件のコンバージョン」というルールが設けられ、

 

このfacebook広告が定めたノルマに達成しない場合、配信停止、若しくはウマく最適化されない現象が起きる危険があります。

 

相対して、GDNの場合配信面や単価調整など予算に合わせた運用が行える自由度がありますので、あなたが月間50万円以下でアドアフィリエイトを開始する際はGDNをおすすめさせていただきます。

アドアフィリエイトのやり方

最後は、実際にアドアフィリエイトの運用方法になります。

 

冒頭でも記載していますように、ここでは月間3万円~10万円までの広告費で運用する場合、10万円~99万円まで、100万円以上広告費を投資する大型の運用法まで3分割してご紹介します。

月間5万円~10万円の広告予算で運用する

月間予算5万円~10万円でアドアフィリエイトを運用する場合、GDNであなたのサイトを掲載する配信先を厳選してください。(プレースメント)

 

この際は、女性向けの商品紹介でしたら「女性自身」とか有名どころではなく、個人ブログで“しっかり記事を書いている”サイトに厳選するのがリスクを極限まで減らして手堅く稼ぐ運用法です。

 

あなたが広告主の立場になって、「このサイトだったら商品が売れるであろう!」というサイトを、まず100サイトくらいピックアップしクリック単価30円~80円で配信してみてください。

 

尚、この予算内の場合、自動化運営が難しいと思いますので、あなたが選んだサイトに半年、1年掲載してもコンバージョンが落ち込むことのないように、画像素材やテキスト文章は1か月に1回程度マメに入れ替えてくださいね!

 

※プレースメント設定法は、Youtube広告と同じです。

月間10万円~99万円の広告予算で運用する

少し予算に幅がありますが、月間10万円~30万円の広告予算が使える場合、前記しているサイト指定で配信開始し

 

30件程度コンバージョンが取れるようになった段階で“拡張機能”を使ってユーザーのターゲット層を拡大した自動化運営をしてください。

 

尚、あなたが既にGoogleのコンバージョンタグ(アナリティックスでもよい)を広告で使うサイトへ設定しているような場合でリマーケティング機能が使えるようでしたら、

 

リマケ広告も同時配信し、リマケのほうでも30件コンバージョンが取れた段階で同じように拡張機能を使ってターゲット層を広げた自動化運用をしてください。

 

・月間50万円~99万円の広告予算で運用する

月間50万円以上の広告予算があれば、あなたの希望によってはfacebook広告も利用できますしGDNでも運用法のキャパは一気に広がります。

 

facebook広告の運用法は以下の記事で紹介しているのでご参考にしてください。

 

GDNでは、オーディエンスという機能を使って“購買意欲の強いユーザー”に厳選し広告配信をすることが出来ます。

 

要するに「商品を買ってくれる見込みのあるユーザーを対象にした配信方法が出来る」ので通常の配信先やターゲット指定した配信よりコンバージョンに繋がる確率が高いということです。

 

さらに、検索キーワードや類似サイトの閲覧履歴のあるユーザー情報を組み合わせることが出来ますので、

 

私が使ってみてもfacebookに負けず劣らず精度が高く、効率よくコンバージョンしてくれるユーザーを獲得することが出来ています^^

 

 

設定や運営方法はといえば、あなたのアフィリエイト商品と関連深いキーワードやWEBサイト(競合商品販売サイト)、動画などのURLを30個以上集めてオーディエンスへ設定し

 

1日の予算は1万円、クリック単価は15円~20円に設定することでモバイル8円前後、PCで15円前後のクリック単価で円満に配信することが出来ると思います。

 

1週間程度はコンバージョンが見合わないと思いますが、2週間経過後からは徐々にコンバージョンがあってくるはずです。

 

良くある現象として配信開始した初日に設定予算の2倍、3倍も多くの予算を消費してしまうことってありますが

 

これにビビッて配信停止してしまうと同じことの繰り返すだけで得られるものはありませんから、一朝一夕の成果で慌てず見守ってみてください。

 

また、この設定では早い段階でリマケタグも有効となるはずです。

 

リマケタグに蓄積されているアクセスログはGDNのみならず、Youtubeでも活用できますし

 

facebook広告のタグ設定も事前にしておけば、GDNで集めたアクセスログを活用してfacebook広告でもリマケ配信することが出来ます。

 

特にYoutubeでリマケ広告の配信は効果が高いので、あなたの財産ともいえるアクセスログをフルに活用し複数の配信先で

 

あなたの広告サイトへクリックしたユーザーを地の果てまで追いかけてコンバージョンさせてください。

月間100万円以上の広告予算で運用する

最後は意外と多いのですけど、多くの予算はあるのだけど広告予算が全然消費しないので、アフィリエイトでも報酬を得ることが出来ない。

 

予算はあるけれど広告運用の方法が解らない。という大きなビジネスチャンスを逃している方向けです。

 

まず、超重要な注意点から解説しますとGDNを含むGoogle広告を利用している大口広告主のアカウントでは、初期段階で「コンバージョンの最大化」を促進するアナウンスが多く表示されると思います。

 

ですが、このバージョンの最大化は諸刃の剣な要素が強く、全くアクセスログもコンバージョンログもない状態で

 

リッチな予算設定して運用開始をすることで100万円程度はペロッと損してしまうので、多くの予算がある場合でも横着な運用はNGです。

 

では、多くの予算を投入できる場合のアドアフィリエイトの運用方法はといえば、あなたが紹介するアフィリエイト商品が大衆的なものである場合、GDNの運用では

 

例)40代の女性向けシミ消し化粧品

1.40代の女性をターゲティングで設定し最低のクリック単価で配信する

2.クリックしたユーザーを複数の配信先でリマケで追いかけてコンバージョンさせる

 

いわるゆ「ノンタゲ配信」といわれる運用方法で、アドアフィリエイトでも1つの記事LPで月収1000万円以上稼ぐアフィリエイターは皆さん、この運用方法を行っているのですよね。

 

仕組みは(1)の配信では安価にクリックを稼ぐことを目的にした運用し、(2)のリマケはGDN、Youtube、facebookなど利用できる全ての配信先でクリックしたユーザーを追いかけてコンバージョンさせるイメージです。

 

尚、ターゲットが同じ40代の女性向け商品をアフィリエイトする場合でしたら(1)で獲得したアクセスログを使って別商品をリマケで紹介することも出来ますので、あなたが月収1000万円とか桁違いな報酬を目指すようでしたら

 

年齢、性別ターゲットにマッチする商品を厳選してアフィリエイトサイト(記事LP)を複数作成してみてください。

 

ちなみに、facebook広告の場合、リタゲを含めてコンバージョンしてくれるユーザーを追いかけてくれますからノンタゲ配信のみでリタゲは不要かと思います。

 

但し、この運用法は少額予算で実践すると必ず失敗しますから、あなたが100万円以下の予算でアドアフィリエイトを開始する際は絶対行わないでください。

 

また、この運用法は「大衆的な商品」以外では効果を得ることが出来ませんから、あなたがニッチなジャンルやワードプレスのテーマ紹介など、ターゲットユーザーが厳選されている商品を紹介する際は使うことは辞めてください。


以上アドアフィリエイトの始め方と運用実務になりますが、あなたがアドアフィリを実践するにあたり、広告素材が必要、素材が不足している際には「広告素材.COM」のご利用をよろしくお願いします!

おすすめの記事