こんにちは。広告素材.COMの藤原です。

 

ネット広告でも「検索連動型広告」(リスティング広告)を利用されている方は多いかと思います。

 

なぜ、利用者が一番多いかといえば、「検索を利用して探してる人」(今すぐ客)をターゲットにしているので成果が高いとされているからです。

 

ですから、リスティング広告に関しては専門書籍も多数販売されていますし、ネット広告専門の代理店を始め、PPCアフィリエイト実践者などでは、ブログを使ってノウハウを無料提供してくれたりしているので、

 

今の時代は専門書や無料公開されているノウハウの通り実践すれば、誰でもリスティング広告を活用して成果が出せるようになっています。

 

しかし…、やっぱり、といいましょうか?

 

・狙ったキーワードで広告が全く表示されない

 

・意図しないキーワードからクリックされてCV単価合わない

 

・クリックばかりが多くあるけどCVの獲得が取れない

 

・自動化運営に切り替えたら大幅に予算がオーバーしてしまった

 

・修正を繰り返していたらキャンペーンと広告グループのまとめ方が無茶苦茶になってしまった。

 

・広告ランクが下がってしまった

 

などなど、書籍やブログで公開されている成功事例と同じようには、なかなかウマくいかない時のほうが多いですよね^^;

 

私のところへ相談いただくケースで多いものが「広告表示がされない」というのがあります。

 

まさに初歩的なことで躓いている感がありますが、今回はこの対策法についてご紹介しますと、リスティング広告でも、「広告表示がされない」現象としましては

 

1.GoogleやYahoo広告のシステムで「品質スコアが低い」と表示されたのでビビッて止めてしまった

2.露骨に設定単価が低すぎる

3.検索ボリュームが少ない

 

上記3つのものがあって、私がご相談をいただくケースでも多いのが、実は(1)のケースです。

 

この品質スコアって「重要」とされているとの情報が多いので、CV見込みのあるキーワードでも設定した直後、GoogleやYahooからスコアが低いと表示されたので自ら配信停止をしてしまう。

 

経験が浅いと、このように判断してしまうことってありますが、この品質スコアって私的には「度外視」しています。

 

なぜなら、品質スコアが低くとも広告配信されますし、CVの獲得も出来るからです。

 

 

 

↑上記は私が運用しているGoogle広告の管理画面ですが、広告表示もされていますしCVも獲得できていますよね?

 

これは一例ではなく、その他のキャンペーンでも同じように品質スコアが低いものでも広告表示もされていますしCVも取れています。

 

確かに、品質スコアが高いほうが、想定クリック単価なども安価に表示されたりしますが、私が今まで実践してきた経験則で云いますと

 

リスティング広告の場合に限って言えば、しっかりマッチングされたキーワードでしたら品質スコアの高い低いはクリック単価やCV獲得単価にはあまり関係ないかと思っています。

 

配信開始に「品質スコアが低い」と表示されても運用していく過程で、クリックされたりCVが獲得できるようになりますと、この表示は無くなりスコアは高くなってきますので、気にすることはありませんから、ガンガン配信してみてくださいね!!

おすすめの記事