こんにちは。広告素材.COMの藤原です。

 

昨日メルマガで、これからアフィリエイトを開始する初心者でも「特別単価(特単)」を貰う1つの方法をご紹介したところ想定外の反響をいただいきましたので、深堀して記事にしてみました。

 

先に言いますと、特単は「これからアフィリエイトを始める初心者」でも、以下で紹介するアクションをすることで、今日からでも確実に特単を貰うことが出来ます^^

 

その根拠といえば、あなたがネットにアクセスすると、このブログで紹介している「記事LP(ランディングページ)」「マンガ動画広告」を活用したアフィリエイトメディアを必ず見かけると思います。

 

しかも、同じ商品を販売してる複数のアフィリエイトメディアをです。

 

では、なぜ、同一案件の記事LPやマンガ動画広告を目にする機会が多いかといえば、それだけ多くのアフィリエイターが参加して広告を活用してアフィリエイトしているからです。

 

とある「販売価格980円」の美容系案件では、ASPで1成約3000円の報酬額で公開されています。

 

YoutubeやGDNなどを使いますと、商品販売でも1成約1000円程度でコンバージョンが取れますが・・・

 

 

1成約2000円の報酬では、あそこまで大きな広告展開はできませんし、アフィリエイター側でも2000円の報酬単価は美味しくありませんので、広告を活用するなら別に案件を紹介するはずです。

 

ここまで云えば解ると思いますが、この案件では8000円~12000円の特別単価をアフィリエイターは貰っているので、多額の広告費を投資しガツガツ成約を上げれば、上げた分だけ稼げる仕組みとなっているわけですね。

 

例)1成約8000円の報酬ーCV単価1000円=1成約7000円の報酬が貰える!

 

このように特別単価を貰うことで、広告展開してもリスクはなくリターンだけを得ることが出来るわけですから、初心者アフィリエイターでも記事LPやマンガ動画広告を活用することが多くなっているわけです。

 

では、早速アフィリエイト初心者でも、実績のないアフィリエイターでも特単を貰える方法をご紹介しますね!

アフィリエイトの特別単価とは?

あなたが毎月アフィリエイト商品を販売し安定的に成果が出た際に、ASP(アフィリエイトサービスプロパイダー)や広告主から、通常より多くの報酬を貰える設定をしていただけるものになります。

 

例えば、ASPに公開されている1成約3000円の案件の場合でしたら、特別単価を貰うと1成約5000円、多い人では1万円の報酬を超えることもありますので

 

特別単価を設定してもらえれば同じ個数を販売していても、報酬額が2倍、3倍となるわけです^^

 

私がアフィリエイター時代は、出会い系サイトの無料登録1件2000円の報酬のところ6倍にあたる「12000円」貰っていたことがありました。

 

直近でも、このブログからの登録者に限り「VIP報酬の設定」をいただいています。

 

 

なぜ、私が特別単価を貰えたかといえば、紹介したユーザーの稼働率が良かったからです。

 

一般的に、特別単価を貰う際は「30件ルール」というものがあって、月間30件成約があった場合にASPからオファーが来たり、自ら交渉メールを送ると対応してくれるといわれていますが・・・

 

実際のところ、特別単価を貰えるのって「成約件数」ではありません^^;

 

私は、販売者としてASPも利用していますので、この部分は熟知していますが「特別単価」の設定をしてくれる広告主っていうのも、

 

・無料登録系(出会いやゲームアプリ、資料請求系)

・継続商品(化粧品、ダイエット食品、サロンなど)

 

などのジャンルが多く、この2ジャンルでは獲得件数ではなく「継続課金」がどれだけあるか?というユーザーの課金率を見みて特単設定を判断しますから、

 

無料登録系であれば、無課金ユーザーを100人紹介しても特別単価を貰えることはありませんし、化粧品やダイエット食品などの場合でしたら、1回限りのお試し商品のみ購入するユーザーを100人紹介しても特別単価を貰えません。

 

※無課金、初回購入だけのユーザーばかり紹介すると、逆にASPの広告掲載権利をはく奪されます。

 

逆に言えば、月間3人しか紹介できなくとも全員が継続課金してくれれば、特別単価はもらえるというわけです。

なぜ、初心者でも特別単価を貰えるのか

といえば、各ASP会社ではアフィリエイターの情報を多く所有してるサロン、情報商材の販売元などに、自社の広告を優先的にアフィリエイトしてくれるよう依頼し、

 

参加条件として「特別単価」の優遇、クローズ案件(ASP管理画面では非公開)の取り扱い許可をしてくれるようにしているのです。

 

その昔、当社で販売している恋愛マーケティング!でも、お客さんがとあるASPに登録すると「VIP待遇」として特別単価やクローズ案件などを取り扱うことが出来ました。(大人の事情で取りやめましたけど)

 

 

では、今から実績のない初心者アフィリエイターでも特別単価を貰える方法はといえば、アフィリエイト専門会社である株式会社琉球スタイルさんが提供している「琉球の酒場プレミアム」に参加することです!

 

株式会社琉球スタイルは、アフィリエイト業界でも指折りの売り上げ実績を誇る会社で、毎月、自社で成功した具体的なノウハウや、アフィリエイト関連の最新情報を琉球の酒場プレミアムのサイト内でアフィリエイターさんへ共有してくれます。

 

私も琉球の酒場プレミアムには1年ほど前から参加していますが、この琉球の酒場プレミアムは、現役アフィリエイターにとって学びが深いサイトとなってますから、経験者ほどお勧めできるサイトです。

 

 

琉球の酒場プレミアムの参加特典として、afbや上場企業のアクセストレードなど有名どころのASP11社から特別単価がもらえたり、

 

月単位で各ASPにある「売れる商品紹介」を紹介してくれたりもしますので、これだけでも参加する価値は大きいです^^

 

●琉球の酒場プレミアムの参加はこちらをクリック!

 

初回9730円、2回目以降4290円の月額制ですが、特別単価を貰って退会するのものOKな話なので、今から確実に特別単価が欲しいという際は利用してみてください。

実績のない初心者アフィリエイターが特単申請する方法

前記の琉球の酒場プレミアムでは、「参加するだけ」で特別単価が貰えますが、約1万円の経費を削減したいという場合は、

 

アフィリエイトメディア(サイト、記事LP、マンガ動画広告)などを70%程度作り込んで、あなたが登録しているASPにお問い合わせ窓口に特単依頼のメールを送ってみてください!

 

手順としまして・・・・

 

1.メディアを確定する

2.メディアを70%作りこむ

3.ASPへ単価交渉の依頼メールを送る

 

この3つのステップです。では、順番に見ていきましょう!

 

1.メディアを確定する

このメディアは一般的なブログより「比較サイト」「記事LP」「マンガ動画広告」の中から選択してください。

 

なぜ、3つの中から選ぶのかといえば、実績のないアフィリエイターの場合は、特別単価の交渉をする際に「広告を使う」ことを条件すると承諾を得られることが多いからです。

 

あなたも、広告主の立場になって考えてみたら、全く実績のないアフィリエイターが・・・

 

「これからブログを立ち上げるので」、「御社の商品を売るためにSEO勉強しますから」というような結果が出るか解らない将来的な話をされても、特単を承諾することはありませんよね?

 

また、比較、記事LP、動画広告を選択する理由は、現在この3つのメディアは、アフィリエイト成果が出やすいことは、ASPでも広告主でも理解しているからです。

 

2.メディアを70%作り込む

運営するメディアを確定させたところで、次は作り込みになります。

 

比較サイトでしたら紹介する商品記事やTOPに固定表示させる比較ランキングページ、記事LPでしたら「商品紹介個所」を除く文章や画像制作してページの作り込み。

 

マンガ動画も記事LP同様で「商品紹介個所」を除き、漫画素材や音声で70%の完成度まで動画を作り込んでください。

 

※未完成個所を含めて動画素材は全て保存しておいてくださいね。

 

なぜ、70%の完成度といえば交渉が却下された場合、別の商品紹介できるようにするためです。

 

比較ランキングの場合では、掲載順位によって成約数が異なりますので、特単交渉する3つ程度の商品を適当に順位を付けて制作しておけばOKです。

 

3.ASPへ単価交渉の依頼メールを送る

初心者アフィリエイターの場合は、直接広告主に交渉メールを送るのではなくASPを経由したほうが良いです。

 

なぜかといえば、コンテンツを作りこんだ状態で交渉メールを送れば、対象の広告主に特別単価を却下された場合でも、類似案件の特別単価交渉を代理でしてくれるからです。

 

コンテンツを作り込んで交渉することでASPの担当者も、初心者といえども将来的に明るい人材として厚遇してくれるはずです。

 

交渉メールを送る際は

 

1.コンテンツが確認できるURL

マンガ動画の場合は非公開URLでOKです。

 

2.利用する広告配信先と月間予算、見込み獲得数

利用する広告配信先と月間予算、見込み獲得数は明確にしてください。

 

あなたが広告を使って、成果を上げた実績のない場合、この算出方法が不明だと思いますから以下を参考にしてください。

 

「見込み獲得数の算出法」

 

見込み顧客の算出法は

 

・無料登録系1件2000円

・激安価格の化粧品1件1000円

 

という大まかな単価を出して、あなたの広告費と割り算してください。

 

例えば、5万円の予算でリスティング広告を利用する場合

 

・無料登録系/獲得数25件(比較サイトの場合は25件×3倍目安です)

・激安価格の化粧品/獲得数50件

 

となります。

 

上記(1)(2)を記載して、ASPの担当者やお問い合わせより単価交渉のメールを送ってみてください。

 

後は、広告主から承諾が得られたらコンテンツを完成させて広告配信を開始します。

掲載依頼が来たら特単交渉をしてみる

ブログ運営や、アフィリエイトメディアを広告配信をしていますと、あなたが紹介している商品ジャンルの広告主やASPから掲載依頼が来ることがあります。

 

こういうお問い合わせをいただいた際には、自信をもって単価交渉をしてみてください。

 

当たり前の話ですが、ASPに公開されている一般報酬より好条件でなければ掲載はNGです。

 

また、広告主から直接取引を持ち掛けられることも良くあります。

 

この際、あなたが獲得件数が見込めるようでしたら、相手との信頼関係が出来るまで、広告料金は先払い(デポジット)で貰うことをお勧めします。

 

意外と多いのですけど、支払いをバックレる広告主も多いので^^;

特単申請する際の禁止事項!

最後は、特単申請する際の2つの注意事項になります。

 

この禁止事項は、初心者、上級者共通項目ですので、申請する際に該当箇所がありましたら、記事を削除、非公開してから申請してくださいね!

商標キーワードは基本NG

商標キーワード(紹介している商品名)は、アフィリエイターにとっては成約に繋がる有効的なキーワードなどですけど、実は広告主が一番使ってほしくないキーワードなのですよね。

 

なぜなら、広告主側の視点でいえば、商品名で検索してくれたらムダな広告費をかけなくとも商品が売れるからです。

 

特に、テレビや動画広告などを展開している広告主であれば、自然流入で結構な数の商品が売れますし、検索連動型広告などをしている場合でも、

 

商品に関連するキーワードで過激なタイトルを付けたブログが付近にあることでユーザーが流れてしまうので、好印象を持たれないことが多いです。

 

成果条件で「リスティング」「商標キーワードNG」としている広告主では、あなたのブログに商標キーワードを意識した記事が乱立していれば、特単申請しても承諾をしてくれることはありませんのでここは申請前に注意してください。

批判レビュー記事が多い

商標キーワードの記事同様に、広告主が嫌う記事が「批判レビュー」です。

 

なぜ、嫌うかといえば、明日は我が身という懸念があるからです。

 

また、以前テレビやYoutubeでおなじみの「青汁王子」が、競合商品の批判レビューを乱立させて自社の商品を販売した例もあるように

 

批判レビューばかりが公開されているブログの中で、自社商品だけをベタ褒めされていると、“自作自演ではないか?”と痛くない腹を探られかねませんので

 

所謂「流し込み」でアフィリエイトブログを現在運営して成果を出している場合は、別ブログを立ち上げ今までの事例のみを公開して、「新しいサイトを立ち上げましたので・・・」という形で申請することを強くお勧めします。

 

特単がもらえた際は、新しく立ち上げたサイトのみで商品紹介してくださいね。

 

今どきASP各社では、成果が上がったサイトの履歴を追いかけますので、元の悲観レビューサイトからの売り上げだった場合は、報酬が却下されますので^^;


 

纏めますと、実績が少ない初心者アフィリエイターの場合、特別単価を最短最速で確実に貰うには1万円投資して「琉球の酒場プレミアム」に入会するのが一番早くって確実ですよ!

おすすめの記事