こんにちは。アフィリエイト記事代行.COMの藤原です。

 

本日は、少し真面目にアフィリエイトで稼ぐために必要な「ブログの設計図」の作り方に関してアドバイスをさせていただきます!

 

なぜ、突然こんな話をするかといえば、先日より公開している無料相談コーナー」にお申込みいただいている方々のブログサイトを診断をしていると、毎度のことながら必要情報の欠落が目立つのですよね^^;

 

本当に売り込み記事しかないブログとか多いのですけど、アフィリエイトで収益化するのですから、当然セールス記事って重要ですが、やっぱり商品を買ってくれるユーザーが求める必要最低限の情報提供してあげないと

 

せっかくアクセスしてきてくれたユーザーは別ブログに移動しますので、アクセスがあっても稼げないブログアフィリエイトによくあるの負のループにハマるだけですからね。

 

さて、本題に入って稼ぐブログに必要な情報は、どのようなものがあるかといえば

 

収益ジャンル:商品比較や個別レビュー

 

教育ジャンル:商品の基礎知識や利用するメリット、使わないことでのデメリット

 

悩み解消ジャンル:効果的な活用法やトラブル解消法など

 

↑大きく分けて3つ提供する情報ジャンルがあります。

 

この3つに分別された情報が俗にいう「ブログの設計図」となるわけですが、必要となる記事はジャンルによって大きく異なるので、あなたのアフィリエイトジャンルに照らし合わせてみて必要な情報をメモに書き出してみてください。

 

当初は10記事~15記事あればOKです。

 

ミニサイトやPPCサイトは、これだけで完結する話ですから、ここは手抜きしないので脳に汗かいて真剣に作成ください。

 

ちなみに、VOD(動画配信サイト紹介)、漫画、アダルト、ゲーム、お取り寄せなど食べ物、娯楽ジャンル以外では、

 

定番の「不満」、「不足」「不快」というお悩みを解消する商品だと思いますので、あなたが紹介する商品を買ってくれるお客さんが抱えている3つのお悩みを想定するのが良いです。

 

メモが完成したら必要な記事を作成します。

 

そして、各カテゴリーごとに紐付く関連記事がある場合は、関連記事ごとにアクセス移動が出来る記事内にリンクを掲載し

 

“これでもか!”というくらいにユーザーが即日お悩み解消できる情報を丸ごと提供してあげることです。

 

関連記事がない場合は、固定で収益ページへアクセスを誘導できるテキストやバナーを掲載し、ユーザーが自分の意志で商品紹介記事へアクセスしてくれる仕組みを作れば、売り込みしないでブログから収益が上がる仕組みができます。

 

その為には、やっぱり商品紹介よりお役立ち情報を充実させることです。

 

比率的には商品紹介2に対しお役立ち情報8くらいに、無料で役立つ情報提供するのが理想ですよ。

 

もし、あなたのブログでいまいち収益が上がらない。

 

という場合は、上記の項目で必要な情報が欠落していないかを見直し、改善くださいませ!!

おすすめの記事