こんにちわ。広告素材.COMの藤原です。

 

広告素材.COMで販売している「専門ブログを作成する」記事セットでは、無料登録者を獲得する、商品を販売するために記事を設計しています。

 

ですから、この専門ブログ向けの記事を購入していただければ、アフィリエイト初心者の方や、実践者でも今まで報酬がイマイチ…という方でも

 

さくさくアフィリエイトサイト設計し、がつがつ稼ぐ記事が作成できる仕組みとなっています。

 

最近では、このアフィリエイトサイト設計までしている記事販売が、広告素材.COMを利用するメリットとして謳われることが多いのですが、

 

実は、この仕組みは昨年の8月からスタートしたものなのですよね。

なぜ、アフィリエイト記事を設計しているのか?

当社で販売している教材向けに提供していた記事では、アフィリエイトサイト設計まで行かなくとも記事の構成に沿って色分けしており、アフィリエイトリンクの埋め込み箇所には付箋を付けていました。

 

この対応は、アフィリエイトを“これから始める”方でも、記事を「導入」「本文」「リンク埋め込み」というように色に分けしたほうが解りやすいと思ったからです。

 

しかし、現在のようにカテゴリー別に個別記事を分別し、関連記事にユーザーを誘導させて成約に繋げるような設計まではしていませんでした。

 

 

その理由は、アフィリエイトサイト設計図の作り方は教材で提供しているからです。

 

2014年7月にインフォプレナーとして教材を販売してから昨年の4月まで3000名を超えるお客様に教材を購入していただき

 

教材実践者より「恋愛以外のアフィリエイト記事の提供を」とのリクエストによって、記事や素材の提供サービス広告素材.COMを昨年4月1日に立ち上げました。

 

スタートしてみるとお客様以外の所謂「業者」といわれるアフィリエイトを生業としている方、アフィリエイトを専門にしている企業さんにも多くご利用いただけるようになりました。

 

そして、このようなお客様より商品リクエストをいただき、現在進行形で大量の記事を制作しているわけですが、前記しているように昨年の8月までは、

 

アフィリエイト実践者しか利用しないサイトだったので、記事の設計は不要だったのですよ。

 

なぜかといえば、既に稼いでいるお客様では「自分の形」がありますし、業者さんは私より数倍スキルが高いですからサイトの設計や付箋などは「大きなお節介」だからです。

 

しかし、昨年の8月にツイッター広告がバズって一瞬にして爆発的にアクセスが集まりました。

 

もちろん、アクセスに伴い新規購入者も多くいたのですが、この新規で購入してくれるお客様の多くは、これからアフィリエイトを開始する初心者でした。

 

で、記事を購入してくれたお客様より「どうやって使えば良いのですか?」とのお問い合わせが到着したので

 

ご購入いただいた記事を現在のようにカテゴリー別、個別記事ごとに分別し、画像埋め込み箇所やアフィリエイトリンク掲載箇所に付箋を付けて再納品したところ

 

「やっと使い方が解りました!!!」

 

と絶賛した頂いたのですよね。

 

さらに、この対応が功をなし、結果を出したお客様では現在でも毎月リピート購入していただいています^^

 

で、1つの声の裏には数十の同意見があるといわれていますので、こうした声に出さないリクも多いのでは?

 

と考えて、8月のお盆以降はアフィリエイトサイト向けに記事を全て設計をして、ブログの作り方から、キーワード選定法、リライト方法まで

 

記事をご購入いただいた初心者の方が躓くことのないように、初歩的なことから運営実務までをサポートブログやメルマガでご提供しているわけです。

 

最近では、「アクセスは集められるけど、商品を売る記事の書き方が解らない」という雑記ブロガー、トレンドブロガーさんにも多く記事を購入していただけるので、この対応はやってやってよかったと思います^^

 

先日、1周年のイベントを行っていたこともあって、まとめ買いしていただきましたお客様より、「記事に付箋があるものと、ないものがあるのはどうして?」とのご質問が到着していますが、上記のような経緯があるんですよね。

おすすめの記事