こんにちわ。広告素材.COMの藤原です。

 

本日より、“生活・ペット・マネー”カテゴリーへ「グルメお酒カテゴリー」を追加しました。

 

第一弾として、グルメ、お酒ジャンルでも稼ぎやすい「日本酒アフィリエイトブログ作る記事セット」(約34100文字)を公開しましたので、早速ご紹介させていただきます!!

 

 

日本酒アフィリエイトブログ作る記事は、こんな方向けの商品です。

 

・安定且つ、継続的に稼ぎ続けるお酒やグルメジャンルのアフィリエイトブログを立ち上げたい!

 

・ワインや焼酎ジャンルでブログ運営しているので「日本酒」ジャンルを追加したい!

 

・日本酒を売りにしている料理屋、居酒屋、お酒のネットショップを経営しているので、お店のブログへ、ニーズのあるお役立ち情報を追加したい!

 

・日本酒の資格取得などの情報提供しているので、素早く専門的な情報が欲しい!

 

・陶器やガラス、アンティークな食器の販売、関連教室を開業しているので、新規顧客開拓向けにお酒の情報配信をしてみたい!

 

という方には「超」おススメです!

ブログ記事販売の概要

ネットで需要の高く、リピート購入率の高い「日本酒」を販売する目的で構成されているアフィリエイト記事のテンプレート集です。

 

ネット上で日本酒に興味、関心を持つユーザーが求める情報は全て取り入れていますので、本商品をあなた向けにカスタマイズしていただくことで、

 

本格的なアフィリエイトブログが最短7日程度で作成することが可能です!

ブログ記事の使い方

・日本酒に特化したアフィリエイトブログを立ち上げる際は、以下の順番で情報提供しますとアクセスしてきたユーザーへ情報が届けやすく、日本酒も販売しやすいです。

 

・お店ブログ系でご活用する際は、サブカテゴリーを開設して情報提供してください。その際も以下の順番をご参考にしていただくと効果的です。

 

・商品販売する箇所、専門ページへ移動する箇所には付箋がありますので、対象個所でセールス、ページに移動するURLを埋め込みご活用ください。

掲載:ブログTOPページ

〇日本酒の選び方(約2100文字)

 

【ブログ記事の概要】

ネットで需要の高い「日本酒」を始めてネットで日本酒を購入することを検討しているユーザーへ、失敗しない日本酒の選び方や各日本酒の特徴を専門的に解説している記事のテンプレートです。

掲載1:最優先カテゴリー

〇美味しい日本酒の飲み方(約1300文字)

↑ソムリエ系の情報提供又は資格取得などをされている場合は、このページをTOP又はジャンルTOPへ設定してください。

 

〇日本酒に合う酒器の選び方(約2100文字)

↑食器類を販売する目的でご活用いただく場合は、このページをTOP又はジャンルTOPへ設定してください。

 

【ブログ記事の概要】

日本酒を美味しく呑むための秘訣を提供している記事のテンプレートです。

掲載2:商品紹介カテゴリー

〇全国・47都道府県のお酒(約14000文字)

 

【ブログ記事の概要】

ネットで需要の高い「日本酒」を全国、都道府県別に紹介する記事のテンプレート集です。

 

【紹介地域】

・全国のお酒
・47都道府県別のお酒の特徴

 

【記事の使い方】

あなたが選んだ一押しする「地域」をカテゴリーTOPへ設定して公開してください。

掲載3:日本酒の美味しい呑み方(お役立ちカテゴリー)

〇日本酒の飲む時のマナー違反(約1100文字)

〇レンジでおいしい燗の作り方(約1400文字)

〇悪酔いしない日本酒の飲み方(約1400文字)

〇日本酒のテイスティング約1000文字)

〇二日酔い解消法(約1000文字)

 

【ブログ記事の概要】

より日本酒を美味しく、楽しく呑むためのお役立ち情報お提供している記事のテンプレートです。

※掲載順位の優先はありませんので、ご自由に順番を設定して公開してください。

掲載4:ウンチク(お役立ちカテゴリー2)

〇冷酒と冷やの違い(約900文字)

〇日本酒の保存方法(約900文字)

〇焼酎と日本酒の違い(約900文字)

〇古酒の魅力(約1000文字)

〇熟成酒とは(約700文字)

〇お燗の種類(約1000文字)

〇日本酒度(約600文字)

〇日本酒の公認資格とは(約900文字)

〇日本酒贈答の基本マナー(約900文字)

〇日本酒風呂の入浴法(約900文字)

 

【ブログ記事の概要】

日本酒に関してのお役立ち・ウンチク情報お提供している記事のテンプレートです。

※掲載順位の優先はありませんので、ご自由に順番を設定して公開してください。


【文字数】約34100文字

【口調】「最高の味わい、喜びをもたらします。」

【形式】word(無料のオープンオフィスでOKです)

 

おすすめの記事