こんにちは。広告素材.COMの藤原です。

 

今回は、ゲイ(男性同士の恋愛)やレズ(女性同士の恋愛)など同性愛者を対象に恋愛アフィリエイト向けコンテンツに関して、ご質問をいただきましたのでシュアさせていただきます!

 

この際に出来れば同性愛を主体としたものがあると良いのですが、現在は男女間での恋愛に関する商品のみの販売なのでしょうか?

 

まず、広告素材.COMで販売している全ての恋愛向け記事テンプレートは、「異性」向けのものになっているのですが、ゲイやレズといった同性愛者のユーザーが求めているものって異性と同じで

 

・同性と会いたい(出会い系サイト紹介)

 

・同性とナニしたい(グッツや精力剤、媚薬の販売)

 

・一度会って疎遠になってしまった同性とよりを戻したい(占いサイト紹介、復縁教材の販売)

 

という事には変わりがありませんので、完成度の高い記事を同性愛者向けにリライトする程度で高い効果を発揮します。

 

ちなみに、出会い系サイトでいうと、「同性」と会える設定は簡単にできますし、サイト内でも同性との出会いを求めているユーザーは多いので、同性愛者をターゲットにした出会い系アフィリエイトも“スキルがあれば”稼ぎやすいんですよね。

 

実際、当サイトで購入していただいたコンテンツが同性愛者専門サイトで公開されていることも良くある話ですし、恋愛アフィリエイトに限定して言えば、訴求ポイントって老若男女、同性愛者でも同じというわけです。

 

但し、同性愛アフィリエイトを実践するにあたり超重要なポイントがあるのですが、情報配信者(あなた)が「同性愛者」であることが絶対条件となります!!!

 

その理由は、以前フェチなユーザー向けのアフィリエイトの稼ぎ方でも解説しましたが、言葉悪く言えばゲイやレズ、バイというユーザーは「マニア」なんですよ。

 

マニアはマニアが配信している情報でありませんと食いつかないので、偽者ではアフィリエイトでも、メディア運営でも稼げることってない訳です。

 

このように云うと、私もゲイではないかと誤解されるかもしれないので、なぜ、ゲイやレズといった同性愛アフィリエイトに詳しいかというご説明をしますと

 

私が恋愛アフィリエイター時代に、ゲイやレズといった同性愛者専門のアフィリエイトサイトやコミュニティーサイトの運営コンサルを行っていたことがあるんですよね。

 

同性愛者って、ユーザーの需要は高いですし、マニアなジャンルほど顧客単価も高いので、結構おいしいビジネスな訳です。

 

で、この時に依頼人からコッテリと同性愛者が食いつくキーワードや単語、職業やスタイルなどを根掘り葉掘り教えてもらい、

 

毎日毎日~、同性愛者が書くブログ文章チェックしたり、アクセス分析でどんな記事が読まれているかとか、サイト内のメールのやり取りをチェックしてたので

 

同性愛ユーザーが食いつく単語や、文章の作り方といったスキルが自然と身に付いたわけです^^

 

だから8年経過した今でも、このスキルを活かして、同性愛アフィリエイトのご相談があった際には適切なアドバイスができるという事なんですよ。

 

ですが、やっぱり私は女性が大好きなので、たまには新宿2丁目のゲイバーとかも遊びにいったりしますが、年齢と問わず男性には1ミリも興味関心はありません!

 

何卒、誤解のないようにお願いします(笑

おすすめの記事