こんにちは。広告素材.COMの藤原です。

 

本日は、私から同士であるアフィリエイター、ブロガーとして働く皆さんへ、1つ真面目なご提案をさせていただきますと

 

作業時間は無理なく、健康管理は真面目にしましょう!!!!

 

というお願いです。

 

なぜ、突然こんなことを云うかといえば、私は長年のハードワークの負担が体を直撃してしまい、昨日より緊急入院することになり、以後「投薬生活」を強いられてしまいました。

 

 

これは医者や薬嫌いの私からすれば死刑宣告されたのと同じで、一生飲みたくもない薬を飲み続けないといけないんですよね^^;

 

私は、10年前に個人アフィリエイターとして起業しましたが、そもそもPC作業が大嫌いで、ブラインドタッチはおろか、PCやメールの初期設定さえできません。

 

さらに、当時はどん底な「極貧生活」をしていたのでPCを買うお金もなく、漫画喫茶に通ってブログを更新しつつ、ご飯代もなかったんで、漫画喫茶の飲み放題ジュースで空腹を満たしていました。

 

少し稼げるようになり、自宅近所に狭いオフィスを借りて毎日18時間作業することを日課とした結果、1年も経たずに右腕が腱鞘炎となり以後、現在に至るまで週1~3回のカイロプロテックに通院する羽目となり、仕事中もサポーターを腕に巻いていないと、マウスを握られないようになりました。

 

個人アフィリエイターから法人設立までは、時間やお金を節約したい理由もあって、食事は“手を動かしながら食べれる”コンビニのおにぎりやパンばかり食べていました。

 

こんな日常ですから、強烈なストレスや過労も溜まるわけで、これを紛らわすのにタバコは1日2箱吸い、スタバのコーヒーは1日3~5杯飲み

 

自宅へ帰宅しても「どうやったら、もっと大きな金額をアフィリエイトで稼ぐことが出来るのか?」という考えが頭から離れずに寝れないことが多かったので、意識が朦朧とするまで強いお酒を毎日飲んでいました。

 

その後は事業が軌道に乗りつつも、常に数年前の極貧生活を過ごしていた惨めな自分が頭の中にあって、「あの生活には戻りたくないなー」という思いが強く、ハードワークを続けては新規事業を立ち上げてきました。

 

で、やっぱり、こういう自虐的な生活を長年していますと体に負担は来るもので、2年前に大病を患う羽目となり、現在は仕事量を3分の1程度までに減らしてはいるものの、

 

年齢的なものもあって健康状態は緩やかに悪化の一途…前記しているように最悪の投薬生活を強いられるハメとなったわけです。

 

お金を稼ぐことって豊かな生活をするうえでは絶対必須なことですから、真面目に仕事するときは一心不乱に集中したくてはいけませんが

 

お金で唯一買えないものといってよいのは「健康」と「家族」ではないかと、私は思っています。

 

ご自身の健康があっての家族とも団欒に過ごせるわけですから、やっぱり日頃からの健康管理って超重要です。

 

是非、日々ハードワークを継続しているアフィリエイターさん、ブロガーさんは、私の悪例を反面教師として日々健康管理には気を付けてくださいませ!!

おすすめの記事