平素より大変お世話になっております。株式会社天空の代表を務めております和田です。

 

まずは、弊社サービス並び当ブログへアクセスしていただける皆様へお詫びよりさせてください。

 

本年2月より株式会社ラフィーネが運営しますラ・フィーネラボ(http://labs.raffine-jp.com/)にて、弊社の誹謗中傷記事が公開されていることで

 

弊社サービスをご利用又は利用検討いただいております皆さまへは、不信感を抱かせ、醜い紛争を見せてしまいましたことを深くお詫び申し上げます。

 

また、9月11日付けでラ・フィーネラボブログに公開されている、私が著作権違反で逮捕された、書類送検されたというような事実は一切ありませんのでご安心ください。

 

扨て、この度は、京都祇園の株式会社ラフィーネより画像窃取、著作権違反、フェイク広告と称して、ラ・フィーネラボ(http://labs.raffine-jp.com/)ブログで誹謗中傷記事を公開

 

又は直接内容証明を送付され損害賠償という名目で恐喝、脅迫、強要、営業妨害の被害を受けています企業、個人アフィリエイターの皆様へ

 

株式会社ラフィーネ及び代表者である松田映子(マツダエイコ)に対して、弊社管轄であります厚木警察署へ提出します「刑事告訴」(恐喝、脅迫、営業妨害など)に関しまして、各位様へご協力をいただきたく本記事を公開しました。

 

なぜ、各位様へ協力を要請するかといえば、当社と同様に「画像を窃取」「著作権違反」「フェイク広告」などと称して、ラ・フィーネラボのブログで攻撃されている各社では

 

個別に内容証明を送付したり、弁護人へ依頼して記事削除の要請や刑事告訴をしているにもかかわらず、ラフィーネ及び松田映子が賠償金を支払わないと記事削除の対応をしない

 

また、最寄の警察署に被害届を提出しても、なかなか受理されずにいることと思います。

 

進展のないままに偽りの情報が公開されていることにより、各位様の事業でも対外的な信用の欠落、実利益の低迷など営業妨害の被害があると思います。

 

弊社でも、ラ・フィーネラボブログを見た方より、日々以下のようなお問い合わせをいただいております。

 

アフィリエイターをこころざしている者です。

 

バナーで広告素材を探していて貴社のHP、ブログに辿りつきました。固定記事にて恐喝メディアとのショキングなタイトルがあり、白髪染めサロンラフィーネを検索したところ、貴社代表が告訴受理されたと記事に記載されていました。http://labs.raffine-jp.com/archives/6380

 

もの凄く嘘っぽいですが、本当に貴社代表が書類送検、逮捕に至ったのでしょうか?

違うのでしたら、この記事はおかしいです。

 

他のラフィーネプログを見まして、あまりにも嘘っぽく、本当に狂言でしたら、かなりの罪人です。やり方が日本人というよりお隣の国に似ています!

 

アフィリエイターの為に、こういう人は徹底的に排除して頂きたいです。また、知らない人が貴社HPを見ても今の状況が解るように説明があれば安心して貴社のコンテンツを利用しやすいと思います。

 

あれこれと意見を言って申し訳ないです。頑張ってください!心より応援しております!

 

実際に弊社では次項で公開しているように「画像を窃取した」「著作権違反」という名目で「300万円」支払うよう強要されており

 

弊社で拒否しましたところ、本事業の趣旨とは異なる偽りの情報を公開された挙句、直近では私(和田)が京都府警に逮捕されるなど、露骨に当社が不利益になる情報を公開しています。

 

本件を厚木警察署へ何度も相談へ行ったところ、インターネット上で誹謗中傷され、内容証明や弁護人を返した損害賠償という金銭要求では「恐喝」「脅迫」罪で立件することが難く

 

しかし、同様のケースで複数の被害者がある場合は、告訴は受理されやすい旨、アドバイスをいただきました。

 

これは日常各地で発生しています投資詐欺などでも1人の被害届けでは受理されず、集団告訴として対処することで受理されるのと同様です。

 

幸いにして、ラ・フィーネラボブログでは恐喝している企業や商品、サロン名を一覧で確認することができ、松田映子自らが執筆していますラ・フィーネラボブログでは、画像窃取や著作権違反、フェイク広告と称して、私が2019年10月4日に確認しただけでも

 

阪南理美容(株)、禿げたソナタ、㈱アルトルイズム、アリシアクリニック、國安鍼灸整骨院、京都木村屋本店、キレイモ(株式会社ヴィエリス)、黒フサ習慣(健幸生活研究社)、アリシアクリニック

 

上記の各社が弊社と同様に損害賠償の請求被害を受けておりますので、これだけの件数があれば恐喝で松田映子が立件されることは間違いないでしょう。

 

※上記の各社へは私自身が直接次週に告訴協力要請のご連絡をさせていただきます。

 

また「和解」という名目でお金を支払ってしまったという方からも、以下のようなタレコミを多く頂いています。

 

はじめまして。以前ラフィーネ松田氏にひどい目にあった者です。貴社のブログを注視しております。

 

弊社は弁護士を立て和解金を払って解決しました。弊社には直接の責任は無かったのですが、松田氏から和解金の提案があり弁護士と相談の上、和解金を支払いました。

 

告訴は件数が多いほど有利となりますので、是非ともラフィーネから被害を受けている各位様にご協力いただき一致団結して、松田映子を刑務所に送ると共に、各位様の不利益となるラ・フィーネラボブログを合法的にインターネット上から削除してしまいましょう。

 

既にお金を支払ったという人でも、類似のゆすり、たかりの証拠が多いほど有利となりますので、是非とも、この悪質な恐喝屋である株式会社ラフィーネ、松田映子からの被害者をこれ以上拡大しないため、

 

各位様の社会的な信用を守るため、営業活動を円満にするために弊社が行います告訴へのご協力をお願いします。

 

ご協力をいただけます企業者、個人アフィリエイターは、株式会社ラフィーネ及び松田映子から被害を受けていることが確認でいます、以下の情報とともに証拠となる書面コピー、通話記録音声のコピーをお手数ですが、当社まで郵送をいただけますようお願いします。

 

・企業名、個人名(商品名、サロン名を攻撃されている場合は合わせて記載ください)

・恐喝被害を受けることになった経緯(画像を使われたなど)

・金銭要求されている証拠品(松田映子及び弁護人からの内容証明やメール文章のコピー、通話録音など)

・現状(不定期で内容証明が届く、静観しているなど)

 

既に和解という名目でお金を支払ってしまったという被害者でも、ご協力をいただける方は、上記を弊社まで郵送してください。

 

また、薄毛、抜け毛、円形に悩み、誤って京都ラフィーネサロンへ来店しまい以下のような被害に合われました方も

 

・サロン通院を強要された

・クーリングオフ期間にも関わらず、契約解除を受け入れてもらえない

・返金保証をお願いしても返金してもらえない

・必ず発毛できるからと高額商品を売りつけられた

 

など、ラフィーネが日常行っている悪徳商法の被害に合われました方も、具体的に証拠となる書面や音声記録がありましたらご送付いただけますようお願いします。

 

「送付先住所」

〒243-0018 神奈川県厚木市中町1-6-1 株式会社天空宛

 

受け付け締め切りは2019年10月末日とし、2019年11月1日に弊社で責任をもって、管轄であります厚木警察署へ告訴します。

 

警察からの進捗状況は、随時資料を提出していただきました企業様、個人アフィリエイターへ情報を共有させていただきます。

 

▼ことの発端と京都ラフィーネ松田映子の犯罪の手口

 

▼その後の京都ラフィーネ松田映子からの嫌がらせ及び金銭の強要

京都ラフィーネからの300万円という法外な請求

先日、本ブログで利用しているサーバー会社「さくらインターネット」へ、金銭要求のない損賠賠償をしている旨、「ウソ」をついて記事削除の要請をしていた京都ラフィーネの松田映子ですが

【掲載されている場所】

https://広告素材.com/2019/05/19/京都「ラ・フィーネ」評判/

 

【依頼内容詳細 /権利が侵害されたとする理由】

当社の頭髪画像を無断転載し、違法販売されていたので、京都市中京警察署に通報しましたら、公衆送信権侵害・著作権侵害という犯行であると伺いましたので、その事実内容をラ・フィーネ研究開発ラボにて公表。

 

その後、脅迫ともとれる電話があったが、このブログを削除しろと威嚇された。当方は弁護士と相談後、損害賠償請求書を簡易書留速達にて送付したが、未配達のまま返ってきた。

 

損害賠償請求書には、一切金額は提示していないにも関わらず、身に覚えのない1千万円という請求という表示。全く何の証拠もないのに、恐喝脅迫とも殺されるとも表示しているのは、明らかな名誉棄損罪です。即刻、削除願います。

 

この事件に関しては、すでに警察には告訴状を提出しています。

 

事務所名:御池総合法律事務所
弁護士名:永井弘二
所在地:〒604-8186京都市中京区烏丸御池東入 アーバネックス御池ビル東館6階
TEL:075‐222‐0011 / FAX:075‐222‐0012

 

という弁護人を使って、「300万円支払え」という通知書を送ってきました。

 

内訳としまして

 

・本年2月から問題になっている画像の著作権違反で50万円。

 

・京都ラフィーネの悪事を晒したブログ記事に対して250万円。

 

合計300万円。と当初の1000万円よりお安くなっていますが、それでも法外な金額請求です。

 

私が記事を公開したことによって250万円の損害というのであれば、松田映子がムダに攻撃している弊社や上記の各社への損害金はどのように考えているのでしょうか?

 

本当に厚かましいクソババーです。

 

警察への告訴もありますので、当社では松田映子が逮捕されるまでの間は以下のように恐喝行為を阻止する活動をすることを明記しておきます。

以下、原文のまま

神奈川県厚木市中町1-6-1
株式会社天空御中

京都市中京区烏丸御池東入 アーバネックス御池ビル東館6階
TEL:075‐222‐0011 / FAX:075‐222‐0012

株式会社ラ・フィーネ代理人
弁護士 永井弘二印

 

通知書

冠省 当職は、株式会社ラ・フィーネ(以下、「通知会社」といいます。)より委任を受け、貴社に対し、以下のとおり通知します。

 

本書面では、通知会社として記者に対し、以下の点についての請求をするものです。

 

1 貴社が貴社の運営する「広告素材.COM」に、通知会社に著作権のある写真を無断転載したことによる損害賠償請求。

 

2 貴社が運営する「広告素材.COMサポートブログ」に、以下に指摘する名誉・信用棄損記事を掲載していることについての同記事削除請求。

 

3 2の記事による名誉・信用毀損に基づく損害賠償請求。

 

まず、貴社は、「広告素材.COM」に、通知会社に著作権のある写真を無断転載しました。この点については争いないものと考えられます。

 

貴社は、同社写真は素材の提供サイトよりダウンロードしたもので、著作権侵害の故意がないと主張されているようですが、これまでどのようなサイトからどのような形でダウンロードしたのか説明もなく、俄に認められません。

 

貴社は、同写真を貴社のテンプレート販売に商用利用しており、通知会社の損害は少なくとも50万円を下回ることはないと考えます。

 

よって、上記1に基づく損賠賠償請求として50万円を請求します。

 

次に、貴社が運営する「広告素材.COMサポートブログ」の記載は、以下のとおり、一般の読者の普通の注意と読み方によれば、通知会社の名誉・信頼を毀損する事実適示に満ちています。

 

まず、第1に「【事件簿】京都の「ラ・フィーネ」という育毛サロンから恐喝・脅迫されています!(私、殺されるかもしれません)」などの記載は、通知会社が貴社及び「広告素材.COMサポートブログ」を作成していると考えられる藤原敦氏を恐喝・脅迫していると事実適示です。

 

第2、「当社と同じく「ラ・フィーネ」から、損害賠償被害を受けられている企業さん」等の記載は、通知会社が、貴社以外にも恐喝を常習的にしているとの事実適示です。

 

第3に、「「ラ・フィーネ」から請求を拒否した当社へ対し、当社の不利益になることを解っていながら偽りの情報を公開し、露骨に営業を妨害している」等の記載は通知会社が虚偽情報を公開し、営業活動を妨害していると事実適示です。

 

第4に、「「広告素材.ドットコム、広告素材.COM、広告素材.COMパクリ、広告素材.COM評判、広告素材.COM口コミ」という、当社で成約の取れる有効キーワードでご丁寧にSEO対策強化までし、強硬に当社の営業活動を妨害してくるようになりました」等の記載は、通知会社がキーワードをSEO対策して、営業妨害しているとの事実適示です。

 

第5に、「(私、殺されるかもしれません)」、「近頃では、私のプライベートなことまでネットストーカーのように調べている形跡も多々あり、身の危険性まで感じるようになりましたので」等の記載は、通知会社が藤原敦氏のプライベートをネットストーカーのように調べており、同氏の身に危険が及んでいるとの事実適示です。

 

第6に、「盗まれた!無断転載された!!と騒いでいる素材は、お客から提供を受けているものなのか、だいぶ怪しいと思います。」等の記載は通知会社が著作権侵害であると主張する画像は、虚偽がぞうであるとの事実適示です。

 

第7に、「育毛サロン歴20年の経験があるそうですけど、サロンブログでもトラブル記事を多く公開していることから、かなりお客さんも減少しているみたいです。」等の記載は、株式会社ラ・フィーネはトラブルが多く顧客が減少しているとの事実適示です。

 

以上では、同ブログの記載の一部しか指摘していませんが、同ブログの記載は、このように通知会社の社会的評価を貶め、その信用を毀損する記載に満ちています。

 

よって、「広告素材.COMサポートブログ」における「【事件簿】京都の「ラ・フィーネ」という育毛サロンから恐喝・脅迫されています!(私、殺されるかもしれません)」との表題で掲載された記事の全てを直ちに削除するよう請求します。

 

また、この名誉・信用毀損に基づく損害賠償請求として250万円請求します。

 

なお、当職は、本件に関連する一切の事項について、通知会社から委任をうけていますので、今後の連絡などは当職宛にお願いします。

以上

松田映子が逮捕されるまでに行うべきこと

まずは、「恐喝の被害者をこれ以上出さない」ということを優先したいと思いますので、内容証明が大好きな松田映子に倣って、松田映子が恐喝屋の犯罪の拠点としている

 

・株式会社ラフィーネの本店所在地

・京都ラフィーネのサロン

・松田映子の自宅

 

上記で契約している不動産オーナーへ犯罪拠点に場所貸しをしない旨、内容証明と証拠となる書面を送付します。

 

また、ラ・フィーネラボで利用しているドメイン「http://labs.raffine-jp.com/」並びにサーバー会社へも恐喝サイトで使われている旨、証拠書面と内容証明を送付し、ドメイン利用、サーバー利用の差し止めをしてもらうよう依頼します。

 

・ドメイン

・サーバー会社:メディアウォーズ (https://www.mediawars.ne.jp/)

 

実際に、松田映子がやっていることは、「画像の所有者」を盾にして恐喝行為ですから、オレオレ詐欺と同じなんですよ。

 

こんな悪質な犯罪行為を繰り返す人に事務所やサロン、ドメインやサーバーを貸してている不動産屋やWEBサービス会社も、解っているなら同罪ですから、きっと常識のある企業人でしたら、即時退去、差し止め対応してくれるはずです。

 

並行して松田映子又は株式会社ラフィーネが所属していると思われる

 

・NPO法人日本EGF協会理事

・京都経済同友会会員

・京都サンガF.C.後援会理事

・京都商工会議所会員

 

組合だか協会の代表へ同様の内容証明と証拠となる書面を送付し、他社の営業妨害を辞める旨説得していただく。

 

また、松田映子の家族や親族の方にも同様の書面の内容証明と証拠書面を送付し、家族や肉親のほうからも、これ以上、他社を営業妨害したり、恐喝を繰り返さないように説得をしていただきたいと思います。

 

万が一、松田映子が恐喝してきたお金で生活をしていましたら「犯罪一家」ですからね。

 

その他、「盗まれた画像」というのも、本当に京都ラフィーネや松田映子が所有しているものか怪しところがあるので、画像に移っている人を調べて真意を明確にしたいと思います。

 


 

以上になりますが、被害に合われています各位様におかれましては、本件でご不明点などがありましたら、以下のホームよりお問い合わせください。

 

※刑事告訴を行いますので、冷やかしや探り系の問い合わせはご遠慮ください。また、身元不詳のお問い合わせに関しましてはご返信いたしません。

おすすめの記事