こんにちわ。広告素材.COMの藤原です。

 

先日Yahoo広告の掲載基準が変更となり、現在のような「べたべたなアフィリエイト記事」では広告審査はNGになるとの告知がありました。

 

Yahoo規約変更ページより、一部記事を抜粋しますと規約の変更は以下になります。

 

2. 概要

<対象基準>
第2章 3.広告の有用性 (2)アービトラージサイト等、第三者のサイトへのリンクや広告が 多数掲載されているものや、広告のクリック等をさせることを主目的 としているようなもの

<変更点>
ビジネスモデルが成果報酬型サイト(アフィリエイトサイトを含む) およびそれと同等と判断したサイトについては、「広告のクリック等を させることを主目的としているもの」に該当するサイトとし、広告掲載 不可に変更します。詳細は下記資料をご確認ください。

 

要するに、アフィリエイターでも販売元でも1記事だけで構成されているペラサイトを使った商品LPでは審査がNGになるという事です。

 

正直この規約変更はアフィリエイターにとっても商品開発しているメーカーさん双方にとっては、厳しい規約変更ですね。

 

なぜかといえば、ムダな情報がないキラーページやクッションページではないとCVは下がるので、伴う利益率も下がりますから^^;

 

では、打開策はといえば・・・

 

1.Google広告を使ったアフィリエイト同様にジャンル特化型の「アフィリエイトブログ」を早急に立ち上げる!

 

2.YAD以外のディスプレイネットワーク広告へ乗り換える!

 

3.facebookやTwitterなどのSNS広告へ乗り換える!

 

 

この3点ですね。

 

Yahoo広告が効果が高いという事であれば(1)のブログを作成するのが、今までのYahooで蓄積してきたリソースも活用できるので一番簡単です。

 

また、Yahoo広告向けにアフィリエイトブログを作成しましたら、Google広告でも利用できますので、まさに一石二鳥で報酬や売り上げを倍増させるのも短時間で可能でしょうね^^

 

是非、この仕組みを構築する際は、こちらの記事をご活用くださいませ!!

 

(2)(3)の乗り換えは、2週間程度各プラットフォームに「CVを記憶」(AIシステム)させるのに時間がかかりますが

 

今まで使っていたCVの高いアフィリエイト記事は使いまわせることができますので、新しく記事作成する手間はありません。

 

あなたが、現在Yahoo広告を利用していましたら、上記を参考に柔軟にご対応くださいませ!!

 

おすすめの記事