こんにちわ。広告素材.COMの藤原です。

 

今回は、文章下手な私が実践し、販売商品を売り上げランキングNO1へ導いた「バカ売れ現象を起こすセールスレターの書き方」をご紹介します^^

 

 

もちろん過去ものノウハウではありませんので「今から」実践しても高い効果がありますよ^^

 

 

↑本日のYahooディスプレー(YDN)の実績。

 

このセールスレターの執筆方法は、私のように文章が下手、はじめてレターを書く場合でも簡単に再現出来ますので、これから販売ページを作成する、リスト獲得向けのLPを作成する際には是非ご参考にしてくださいね^^

 

▼販売ページ(LP)ヘッド画像の作り方はこちら!

 

ネットで商品セールスをする際、メールアドレスを獲得する際のセールスレターはとても重要です。

 

このセールスレターの完成度によって同じアクセス数で、売り上げが5倍10倍変わってきますので、セールスレターは脳に汗をかいて完成度の高いものを執筆することは必須です。

 

逆に、ここさえクリアしてしまえば、アクセス数が多くなるほど「稼げる」好循環ができてきますから

 

もっと売り上げを伸ばしたいと思うのであれば、ツイッターやフェイスブック、無料ブログを使ってどんどんアクセスを集めたり、広告展開してアクセスを買うことで、売り上げを飛躍させることができるようになります!

なぜ、自分でセールスレターを執筆しないといけないのか?

セールスレターを執筆するのは難易度が高いので「プロに依頼しないと」と思われている方が多いのですが、

 

セールスレターって各ブロックに分別されているので、このブロックに沿って執筆すればブログを書く程度の感覚で初心者でも簡単に執筆することは可能です。

 

ブロックの執筆方法は動画で解説していますので構成方法が不明な場合、以下の動画をご覧ください。

 


 


 

セールスレターを本当のプロに依頼すると普通に100万円から300万円の費用がかかりますし、実績のあるライターさんほど、執筆スケジュールは半年1年先まで埋まっていますので、お金があっても依頼すること自体が難しいです。

 

クラウドソーシングなどでは、文字1円という安価な価格で執筆受付をしてるライターさんもいますが、なかなか完成度の高いレターを執筆するのが難しいのが現実です。

 

かくいう私もセールスレターの執筆が大の苦手ですから3年ほど前までは、新商品の開発毎に文章の上手なライターさんを必死になって探しました。

 

しかし、知り合いの実績のあるライターさんは2年先までスケジュールに空きがなく、クラウドソーシングで安価に執筆してくれるライターさんにも依頼しましたが

 

・見当違いなものができあがってくる。

・全く成約に繋がらない。

・納期が1か月、2か月遅れる。

・資料を渡した後に音信不通になる。

 

という事故が連発したのでセールスレターの外注は諦め、今回紹介しているセールスレター執筆方法を実施し全て自作しています。

 

この手法を取り入れてからは商品を取り扱ってくれるアフィリエイターさんより

 

「読みやすくなった」「昔に比べると文章が上手になりましたねー」と言われることが多くなり、評価と合わせて販売商品の成約率が高くなりました(笑

バカ売れする「セールスレター」の執筆方法!

まずは「ベクター」という無料ソフトを紹介しているサイトへアクセスし、「電子音が収録できる無料ソフト」をDLしてください。

 

・Vector(ベクター)
https://www.vector.co.jp/

↑URLをクリックしてベクターへ

 

電子音のソフトを立ち上げましたら、各ブロックに毎に執筆しましたセールスレターを電子音の執筆ソフトへ読み込ませます。

 

 

1つのブロックの文字を読み込ませて完成した音声を聞いてみてください。

 

あなたが執筆したレターを耳で聞きますと誤字脱字はもちろんですが、聞き手に回ると文章に違和感がある箇所が理解できると思いますので、

 

各ブロックごとに誤字脱字や違和感のある個所を修正していきます。

 

各ブロックごとの修正が完了しましたら、全てのブロックを電子音に読み込ませて完成した音声を全て聞いてみてください。

 

ブロックをつなぎ合わせて全て視聴しますと、全体的にバランスの悪いところや違和感のある箇所がでてくると思いますので同じように修正してください。

 

このようにセールスレターを「読む」だけでは理解できないことでも、音声に変換し耳で聞くことにより、実際にあなたのページへアクセスしてくれたユーザーの立場に立って・・・

 

本当に商品の魅力を伝えられているか、読み手の心を揺さぶる文章になっているか。

 

ということを理解でき、違和感のある個所を修正していくことで完成度の高いセールスレターが執筆できます。

 

是非、本記事をご参考にバカ売れする「セールスレター」を執筆してみてくださいね!

欲しい素材を欲しい分だけ今すぐDL!

おすすめの記事