こんにちわ。広告素材.COMの藤原です。

 

近頃の新着コンテンツでは、1記事/文字数3000文字~5000文字というボリューム数があるので勘の鋭い方から

 

「これペラサイト向けの記事ですか?」というご質問がちょいちょい到着しています。

 

 

まさに、その通りでシリーズ化している女性のお悩み系、車の個人売買といった記事は、ペラサイトを使っているSEOアフィリエイターさん、PPCアフィリエイトを実践している方よりリクエストをいただいたものなんですよね^^

 

先日ブログでもアフィリエイト記事をSEO対策する際は、ある程度の文字数があるほうが良いとお話ししましたが、

 

 

ペラサイトでも商品キーワード以外でSEO対策、PPCアフィリエイトして放置型で稼ぐ場合3000文字~5000文字程度が丁度いい文字数なんですよね。

 

もし、あなたがペラサイトに一度チャレンジして痛い経験がありましたら・・・

 

・ん~~~。今さらペラサイト?もう古いじゃん!?

 

・ペラサイトなんて稼げないでしょ?

 

・ペラサイトでPPCアフィリエイトしたけど広告費が赤字になった。

 

・ペラサイトだとGoogleの評価が低いのでSEO対策出来ないし、すぐに圏外にアフィリエイトサイトが飛ばされるでしょ?

 

こんなことを思うことでしょう。

 

ですが、ペラサイトは正しいノウハウで運用してましたら現在でも全然稼げますし、もちろんPPC広告を使っても赤字になることはありません。

 

この記事を書くにあたり、少しPPCの事例もあったほうが良いかと思って、先ほどGoogleのキーワード広告を使ったテスト結果をお見せしますと

 

 

↑このように「10円」の広告費で・・・・

 

 

↑3240円の商品が販売できるくらいです。

 

これは私の販売商品を自分で販売した事例ですけど、仮にアフィリエイト報酬が1000円とした場合、このPPC広告からは990円の利益が得られるわけですから

 

もっと多く稼ぎやたい!!!

 

という場合、10円で獲得できるキーワード10並べれば1日9900円、100並べれば1日99,000円の報酬となるわけですから、PPC広告を使えば放置型で稼ぐ仕組みも数日で完成できるわけです^^

 

「ペラサイトでPPC広告を使っけど広告費が赤字になった」という、あなたはキーワードに選定、若しくは成約に繋げる記事が作成できないので失敗してしまったと思いますので、双方見直して再チャレンジしてみてください!

 

話を戻しますと、逆にどれだけ作り込んだブログでも、Googleから圏外に飛ばされてアクセスが激減することなど珍しい話ではなく

 

近々で云えばGoogleのアルゴリズムが大きく変わって、多数のトレンドブログが圏外に飛ばされ捲り、毎月10万円~50万円の報酬を得ていたものが、収入が5分の1、10分の1まで落ち込んでしまった…という方は多い中

 

たった1記事のペラペラサイトが、検索表示に固定されたように残存してて、今日も安定的に稼ぎ続けているという現象もあるわけですから

 

記事数が多いほどSEO対策できる、記事が少ないとSEO対策出来ないという本当の真意はGoogle先生しか解らないことなんですよね。

 

で、そんな更新不要で稼ぐ「ペラサイト」の作り方を今回はご紹介したいと思います!!

 

おいおい、メカ音痴のあんたがペラサイトで稼ぐスキルはあるのか!?

 

こんなツッコミがあると思いますので予め言っておきますが、ここで紹介するペラサイトのノウハウは本職のSEOアフィリエイターさんのように、

 

1枚のペラサイトでビックキーワードで検索上位に表示させ月収100万円稼ぐという話ではありません。

 

あのような高度なノウハウは実践できる人は少ないと思いますし、毎月の経費も掛かりすぎます。

 

だから、ここでは誰でも出来る「1記事で月収1万円×サイト数=稼ぐ」ノウハウをご紹介します^^

 

1.ペラサイトとは?

ペラサイトと云いますと、1記事だけで作成したアフィリエイトサイト…というイメージを持たれている方は多いのですが

 

最近、ベンチャー企業や個人クリエイターなどのHPでも1カラムのワードプレス、「ペライチ」「Wix.com」というシステムを使っていることも多いので

 

・ネットからお仕事依頼を受け付けている企業などでは「ペラサイト=HP」

 

・アフィリエイターの場合でしたら「ペラサイト=1記事のアフィリエイトサイト」

 

業種によって認識が異なります。

 

ちなみにペラサイトを活用している企業では仕事の受注受付でも人材の募集でも対象ページで行っていますので、ペラサイトと云えどもきちんと作り込みすれば、商用利用することも全然可能なんですよ。

1-1.ペラサイトを使う最大のメリット

アフィリエイトブログでも、Youtubeでもアフィリエイトメディアを運営していると、日々頭を痛める(時間がかかる)のがネタ探しとキーワード選定、そして記事作成ではないでしょうか?

 

ペラサイトをアフィリエイトで活用する最大のメリットは、一度記事を作成しキーワード設定を行うと日々の更新は必要なく、行う作業といえば

 

毎日の報酬発生のチェック、PPC広告を利用するのであれば広告費の消費額と報酬額のバランスチェック、報酬が振り込まれる日の入金管理くらいなものでしょうか(笑

 

このように、記事を作成することもなければ、キーワードを探しまくるといった日常の作業をなくして、殆ど放置プレイで稼げるのがペラサイトを活用するメリットです!!

1-2.ペラサイトとクッションページの違い

1記事だけのアフィリエイトサイトといえば「クッションページ」をイメージされる方も多いかもしれません。

 

しかし、一般的に云われているペラサイトとクッションページは大きく異なります。

 

一般的なペラサイトでは見込み顧客からアクセスを集めることを目的にサイトを作成しますので、成約率こそ高いですがターゲット層は狭く1記事当たりで稼げる金額も多くはありません。

 

なぜかと云えば、アクセスの流入元が「検索」からとなっているからです。

 

検索して商品を購入しようというユーザーは特定のキーワードを検索するのが一般的です。

 

例えば、女性が顔のシワを取りたいという場合でしたら「目のシワ」「おでこのシワ」「首のシワ」というように自分が気になるスポットのシワを取る解消方法や

 

「年齢+スポットのシワ解消」「シワ解消+商品名」「商品名+クチコミ」「年齢+スポットのシワ解消+商品名」というような検索キーワードを入力して解消方法を探すのです。

 

検索から流れてくるアクセスは成約率は高いものの、購入者は商品売り上げ全体の10%というくらいボリュームですからアクセス自体は多くありません。

 

 

だから月間のアクセスボリュームから逆算して報酬額を算出しますと、ある程度のサイトを量産することは必要不可欠となるわけです。

 

相対してクッションページは「潜在的意識を喚起させる」ノウハウを取り入れているため、そもそも「商品と関連するキーワードでSEO対策」「記事の量産」という概念はありません。

 

ですから、SNSを活用してバズマーケティングを仕掛けたり

 

 

同じPPC広告でもクリック単価の安い「YDN」やfacebook(フェイスブック)、Instagram(インスタグラム)、twitter(ツイッター)のような広告がシュアされるSNS広告を活用して

 

 

何気なしにネットにアクセスをしているユーザーから多くアクセスを集め、ページ内で潜在的意識を喚起させ、1記事でバカ売れ現象を起こすノウハウとなっています。

 

このように同じペラサイトでも集客方法やセールスノウハウが全く異なるわけですが、ここで「どちらが簡単に制作できるか?」とのご質問があると思いますのでストレートに回答しますと

 

一般的なペラサイトは、自分でも少し頑張れば成約率の高い記事作成は出来ると思いますが、クッションページは「高度なスキル」が必要ですから初心者には難しいかと思います^^;

 

広告素材.COMでも上記2パターンの記事を販売していますが、ペラサイト向け1記事作成するのに企画から記事執筆、成約率のテスト期間まで3日~1週間程度で完成することが出来ますが

 

クッションページの作成に関しては企画から記事執筆、成約率のテスト期間までは最短で1か月、平均で50日程度の制作期間がかかります^^;

 

経験者でしか解らないことでしょけど、完成度の高いクッション記事を作成するのって「超」が付くほど大変なんですよ。

 

だから、新バージョンの「マンガCMマーケティング!」では、お客様の作業を極限まで削減できるようにクッションページを提供しているのですよね。

1-3.ペラサイトで稼ぐ重要なマインド

ペラサイトで稼ぐといいますと様々なノウハウが公開されていて「更新不要で稼げる」「放置してても報酬が得られる」という謳い文句が、よほどノウハウコレクターの心に刺さるのか、

 

ペラサイトを1枚作成して月収50万円、100万円稼ぐぞ!!!!

 

と、希望する方が多いのですが、私の経験値で云いますとペラサイト1枚では正直稼げる金額も多くはありません^^;

 

またペラサイトでPPC広告を利用する場合でも、1記事当たりで稼ぐ金額設定も多くすることで逆に利益率が低下しますので

 

ペラサイトで稼ぐ=ある程度の記事量産

 

というマインドを持ってください。

 

ペラサイトを使っているアフィリエイターの中には、本当に1記事で月収50万円、100万円稼いでいる方も沢山います。

 

ですが、このようなSEOアフィリエイターは専門的なスキルがありますので、初心者はもちろん興味本位でSEO対策をかじっているレベルでは同様の成果を出すこと自体が難しいかと思いますし、

 

設備投資もかなりの金額になりますので、当初は本記事を参考に初歩的なところから実践し報酬額、あなたのスキルに応じて高度なことへチャレンジするようにしてみてください。

1-4.ペラサイトはこんな方向け

ペラサイトで稼ぐのは以下のような方には最適です。

 

・毎日記事を書く時間がない

 

・記事ネタが無くなってしまった

 

・少しお金を使っても最小限の作業量で稼ぎやい

 

・大金でなくともいいので毎月安定収入を得たい

 

↑私見になりまが、初心者向けペラサイトのアフィリエイトノウハウは1記事でガツガツ稼ぎたいというよりは、コツコツ型の安定収入を得たい。と希望する方に向いているかと思います。

2.稼ぐペラサイトの作り方

ここからが実務編になります。無料ブログを使ったペラサイトの作り方もありますが、無料ブログでもペラサイトの運営には

 

「広告表示がない有料プラン」が必要となりますので、月額固定費が同じであればワードプレスを使ったサイトを作成することをお勧めします。

 

ワードプレスはSEO対策にも強いですし、同一ドメインでも記事を量産することは可能ですから。

 

※ワードプレス開設方法が解らないという場合は以下記事を参考にドメイン、サーバー、ワードプレスの準備をしてください。

2-1.ドメインの取得

ペラサイトは「ジャンル毎」にドメインを取得するのが一般的です。

 

例)

 

・女性のコンプレックス1ドメイン

 

・女性の美容1ドメイン

 

・女性のダイエット1ドメイン

 

ドメインの取得は「日本語」若しくは「中古ドメイン」(オールドドメイン)がSEO対策にも強いといわれており、SEOアフィリエイターご用達の海外の中古ドメインサイトがありますが

 

あのサイトを利用する場合、相当スキルの高い「目利き」が必要となりますので、初心者向きではありません。

 

やはり「SEO対策で早く上位表示させたい!!」ということであれば、国内の中古ドメイン屋さんから評価の高い2万~50万円程度の中古ドメインを買うのが安心です。

 

あなたがアフィリエイトし、SEO対策でも効果的なドメインを取得してくださいね!!

2-2.ペラサイト向けのサイト開設

ペラサイトではサイドバーを非表示設定できる「1カラム」というワードプレスのテーマが必要になります。

 

あなたが、広告素材.COMの購入者特典、又は私からの特典で提供しているワードプレスのテーマがありましたら、あのテーマの方が情報拡散もでき使い勝手が良いですから、特典テーマを活用してペラサイトを作成くださいね^^

2-3.アフィリエイト商品選択

ペラサイトで稼ぐためには、商品選択が超重要です。

 

なぜなら、その名の通り1ページしかありませんので、商品が売れても広告主に「非承認」されてしまうと

 

まさに働き損になるだけ!!!

 

対象ページからは永遠に報酬を得ることが出来ないからです。

 

無難に商品率が高いジャンルは

 

・女性向けお悩み解消商品

・カードローン

・保険全般

・車の下取り

・引っ越し

・転職

・出会い系サイト

 

広告素材.COMで販売している記事ジャンルから逆算すると、これからアフィリエイトを始める方でも商品率の高いジャンルの選択は簡単にできるかと思います。

 

また絶対に非承認されない「情報商材」を販売するのも1つの手段ですよ!

2-4.SEO対策キーワードの選択

あなたがアフィリエイトする商品が確定ましたら、次はSEO対策できる穴場キーワードを探してみましょう!

 

ペラサイトで稼ぐキーワード選定と云いますと「商品名+サブキーワード」というが通例となっていますが、現在このキーワードの選定だとライバルが多すぎてSEO対策することも難しく、スポンサードサーチ広告を使っても赤字になる危険が高いです。

 

キーワードは定番なものほど大企業などが抑えていますので、このようなビックキーワードも除外していきましょう。

 

では、どんなキーワードが良いか?

 

となりますが、キーワードって毎日新しいものが増えていますので、定番と新しいキーワードを組み合わせるのが穴場キーワードを発掘する秘訣です^^

 

・定番キーワード+定番キーワード+新しい関連キーワード

・新しい関連キーワード+定番キーワード+新しい関連キーワード

・新しい関連キーワード+商品名+定番キーワード

 

今は3つくらいのキーワードを組み合わせ設定したほうが良いです。

 

どこで探すか?

 

いうのは簡単ですが、具体的にどこで探すかといえば・・・・

 

↑ツイッターのリアルタイム検索です!!

 

ツイッターのキャッチフレーズは「今を知る」というくらいですので、毎日ツイッターから生まれた有効的(成約に繋がる)なキーワードって増えているんですよ。

 

トレンドアフィリエイト場合は、その日、翌日で効果は落ちますが、ツイッターで生まれた有効的なキーワードって定着することが多いのです。

 

だから、こうして新しく生まれた有効的なキーワードを、あなたのペラサイトへ設定するとライバル不在のブルーオーシャンで稼げる状態になるわけです^^

 

前記している私の10円キーワードも、こうしてリサーチして発見したキーワードなんですよ。

 

で、なければ10円で即日成約に繋がるキーワードなんて今どきありませんから(笑

2-5.アフィリエイト記事の作成

 

ペラサイトで稼ぐコツは、アクセスしてきたユーザーが求める答えを1記事で明確に提供することです。

 

よく、500文字程度の記事で販売サイトに直リンクしているだけのペラサイトを見かけますが、商品キーワード以外ではあの記事では商品を購入する人はいません。

 

あなたが自分のペラサイトから商品を購入するか否か?

 

ユーザー目線で記事を作成するのが超重要なポイントですよ!!

 

以前ご紹介しましたが記事の大まかな流れは以下の図解の通りです。

 

 

例えば「目尻のしわを解消したい」と思って、あなたのページへユーザーがアクセスしてきた場合、具体的に自分で出来る解消法や日常のケア方法を提供しつつ

 

「この商品を使うとすぐに良くなる!」というようにお金を使って商品を購入するメリットを紹介して成約に繋げます。

 

この記事の構成は「ペルソナ」をイメージし、「QUESTフォーミュラ」のブロックに沿って執筆するのが鉄板の法則で、文字数は3000~5000文字程度でうまく纏めると成約率は高いです。

 

余談ですが、SEO対策を意識しすぎて1万文字とか、纏まりのない内容でだらだらムダに長い記事を公開している人は多いですが、私がテストしましたところ5000文字を超えるとページ離脱者は急増します。

 

本格的にぺラサイトで大きな収益を目指す場合は、完成記事にアクセスを誘導してヒートマップなどで一度テストしてみると良いかもしれません。


 

一般的なブログアフィリエイトの場合、ライディディングスキルよりも情報配信者に共感や好感を持たれることで商品が売れたりしますが

 

ペラサイトの場合は、初めてあなたのページにアクセスしてきたユーザーに、その場で商品を購入されるのが鉄板の法則ですから、熟練されたライディングスキルが必要となります。

 

自分で頑張ったけど売れる記事が書けない…という場合は広告素材.COMをご活用してみてください(笑

3.ペラサイトへアクセスを集める

最後は、あなたが作成したペラサイトへアクセスを集める方法をご紹介します。

3-1.放置型のSEO対策する

前記しているように穴場的なキーワードを探しまくり1記事に3つ程度の異なるキーワード組み合わせ盛り込んでみてください。

 

基本的に、ここで紹介しているペラサイトの稼ぎ方では、サイトを公開した後は「放置プレイ」です。

 

なぜ、それでも稼げるかといえば穴場的なキーワードでは、複数のキーワードで上位表示されることは珍しくありませんので^^

 

但し、ドメインによっては検索上位されるまでに時間がかかることがありますので完成系で記事を公開しましたら、毎日検索順位を神経質に調べるのではなく“気長に待つ”ということを心がけて下さい。

3-2.既存メディアからのアクセスを集める

あなたがトレンドブログやキュレーション、Youtubeなどでアクセスが集まるメディアを運営していましたら、ペラサイトへアクセスを誘導するだけで報酬を得ることが出来るはずです。

 

この場合は特別キーワードを意識しなくともOKですが、新規に記事作成する場合、購入記事をリテイクする場合、既存メディア以外からの新しいアクセス流入も見込めますので、上記のキーワード選定を参考にSEO対策をしてみてください。

3-3.PPC広告を使う

検索連動型のキーワード広告を利用する場合Googleではアフィリエイトサイトでは承認されないと思いますので、Yahooのスポンサードサーチを使ってみてください。

 

一般的なペラサイトの場合でも「報酬単価が5000円以上」「全承認」(直接販売元との取引の場合に限る)という案件の場合

 

YDNやSNS広告を使っても良いですが、上記の条件以外でYDNやSNS広告を使う際は少しリスクが高いので1商品での売り上げ増加を目指すのではなく、手堅く「横展開」して、

 

1商品×1万円+サイト数=売り上げ

 

のようなビジネスモデルを構築したほうが安全です。

3-4.ゴリゴリにSEO対策する

最後に放置プレイ出なく上級者のように高度なSEO対策をしてみたいというあなたへ、初心者でも簡単に出来るSEO対策をご紹介します。

 

「ご用意いただくもの」

 

1.安いドメイン10個程度

 

2.無料レンタルサーバー10個程度(会社が異なるサーバー/1ドメイン1サーバー)

 

3.無料ブログのアカウント5つ程度(会社が異なるブログ)

 

4.ユーザーに需要のある記事多数

 

あなたも「サテライトサイト」「ミラーサイト」などと云う単語を聞いたことがあると思いますが、SEO対策は被リンクが多いほどSEO対策効果があるといわれています。

 

どういうことかといえば、本記事をあなたが「こんな役立つ記事を見つけたよ!!」と自分のブログにリンク付きで紹介してくれたとしますと

 

本記事はユーザーに求められている記事ということをリンク数から検索の巡回システムが察知してくれるので検索でも上位表示されるという仕組みです。

 

もちろん、この被リンクが自然現象で増加するのが理想ですが・・・・

 

ペラサイトでは自然現象で被リンクが増加するということは考えにくいので、自分でダミーサイトを複数立ち上げて自作自演をするわけです

 

 

※「関連アクセス」箇所が被リンクです^^;

 

ちなみに、この被リンクをスパムチックに行うのが「ブラックSEO」「ブラックハット」と云います^^;

 

この方法でも一時的には早い段階で検索上位に表示されたりもしますが、スパムドメインと認定される危険性は高いです。

 

国内最大といわれるブログサイトでも、このブラックSEO対策が原因でユーザーブログがごっそり圏外に飛ばされ、ドメイン変更を余儀なくされたくらいですから(笑

 

こういう悪例を踏まえると「自分が対応できる」程度のドメインでSEO対策するのが安全です。

 

で、手法になりますがサテライトサイトでは、関連性のあるペラサイトで被リンクを貼ります。

 

この際でも適当な記事ではなく、SEO対策をしつつユーザーに有意義な情報を提供するサイトを作成してください。

 

無料ブログでは、ただの日記、恋愛ネタ、雑学などアクセスが集めやすく、脳みそを使わないでも気軽に更新出来るジャンルで良いかと思います。

 

そして、開設したブログを適当な頻度で更新し、これまた適当な頻度であなたのペラサイトへのURLを埋め込むだけです。

 

最近被リンクサイトでも「稼働していること」がSEO対策の条件ともいわれていますので、毎日でなくとも更新できる内容でブログを作成してください。

 

また記事更新ごとにリンクを貼る行為はNGとしてくださいね!!

 

いかがでしたか?

 

長々しくペラサイトのノウハウをご紹介しましたが、ペラサイトで稼ぐには安定したアクセス流入が基本ですから、焦らずじっくり継続収入を得られるサイトを作成してみてくださいね!

欲しい素材を欲しい分だけ今すぐDL!

おすすめの記事