こんにちわ。広告素材.COMの藤原です。

 

日々、新設しましたお問い合わせホームから

 

・広告素材.COMの記事を使ってSEO対策出来る秘訣ってありますか?

 

・複数の記事を使って売り上げアップさせる方法はありますか?

 

というように熱心にアクセスアップ、アフィリエイトに取り組んでいる方より様々なお問い合わせをいただいています。

 

が、非常に残念ことに・・・・

 

 

・100記事100円で販売している人がいますけど、広告素材.COMで販売してる記事って高くありませんか?

 

というようなショッキングなお問い合わせも稀に到着してですね^^;

 

確かに、現在クラウドソーシングを巡回していますと100記事100円とかで販売しているバカはいますし

 

WEB検索してもサテライト向け記事と称して、100記事1000円とか情報弱者から小銭を巻き上げるような“やっつけ仕事”している悪徳業者もいますが

 

さすがに、そのレベルと広告素材.COMで販売しているリライト記事やアフィリエイト記事テンプレートは一緒にされたくないですね^^;

 

ですが、そんなクソ記事が悲しい現実「安いから」との理由で売れてしまうんですよね。。

 

で、こんなクソ記事を購入した人は必ずこういいます。

 

・購入した記事を使ってもSEO対策が出来ない!

 

・アクセスを誘導しても商品が全然売れない!

 

と。こうなって当たり前なんですけど意外と知らない人が多いので、今回は、こんなクソ記事を購入してもSEO対策出来ない、稼げない理由を具体的にご紹介したいと思います!

 

1.そもそもSEO対策していない

ブログを検索上位に表示させ良質なアクセスを…ネットを活用して情報配信している人であれば、毎日狙ったキーワードで検索上位に表示されるように試行錯誤して、ブログ記事を作成していることと思います。

 

しかし、クソ記事をクラウドソーシングや悪徳業者から購入してコピペで貼り付けてもSEO対策出来ない、若しくはリライトツールで自動変換しても全然記事が上位表示されない…。

 

購入経験のある方からすれば「あるある」という感じかと思いますが、そもそも一山なんぼのリライト記事って「検索されること想定していない」記事ばかりで

 

ベースとなるリライト記事がSEO対策していないのですから、コピペで記事を貼り付けても、リライトツールを使って変換してもSEO対策などが出来るわけはないんですよ。

 

さらに追い打ちをかけるようで恐縮ですが「コピペ記事ではSEO対策出来ない」ということはマーケティング業界の常識ですから

 

SEO対策をしたいのであれば、SEO対策をしているリライト記事を購入し「人力」でリライトすることは必須なんですよ。

2.リライトツールを使った自動変換

リライトツールも使い方次第では役立つのですが「モノを売る」ことに関して云えば自動ツールでは商品を販売することが出来ないと思ってください。

 

なぜかと云えば、お客様との対話することがないネット上で商品を売る場合「お客様の感情を揺さぶる」ライディングスキル、若しくはブログ運営者の情熱が必要になるからです。

 

商品が欲しい!!!

 

とネット検索してあなたのアフィリエイトブログへたどり着いた「今すぐ客」でも、実は見つけたブログ記事からすぐ商品を購入することはなく

 

複数のブログ記事で商品比較⇒気に入ったブログ記事から商品購入

 

というアクションをして商品を購入するのが通例です。

 

そのようなお客様が商品を複数のブログ記事で見比べている時に、リライトツールを使って機械的に変換された文章が掲載されているあなたのブログ記事と

 

販売者、アフィリエイターが丁寧に文章を執筆して商品の魅力を使えたブログ記事と、どちらから商品を購入するかといえば100人中99人は後者のブログ記事から購入しますよ。

 

昔からコピペで稼ぐ系の人から「リライトツールを使ってもモノが売れない」と相談をいただくことがあるのですが、

 

・あなたは機械的に変換されたブログ記事から商品を購入しますか?

 

と、逆質問すると100人中100人は「買いません!」と即答します^^;

 

あなたが購入しないアフィリエイト記事からお客様も商品を購入することはありません。

 

文章力がなくとも一生懸命、お客様の立場になってブログ記事を書いてましたら普通に商品は売れるものですから、真剣に商品をネットで売りたいのであれば横着は厳禁ですよ!!

3.ライタースキル不明

SEO対策をするのでも、商品を販売するのでも目的に合わせたライディングスキルは必要です。

 

スキルがないから、記事の作成時間がないから多くのアフィリエイターは、スキルが高いと思われる外部ライターへ依頼したりするのですが

 

実は、クラウドソーシングで記事の作成を受け付けているライターさんでも「実績のない人は殆ど」です。

 

ここは、あまり言いたくはないですけど、プロフに一人前のことを謳って1文字2円とか3円で仕事受付をしている人でも「酷い」レベルの人が殆どとで、私自身も散々痛い目に合っています^^;

 

最近では安さを売りにしている業者も多いのですが、この手の業者に登録している人って「1記事書けば100円貰える」という様に、ポイントサイトでお小遣い稼ぎしている感覚で記事作成をしています。

 

常識的に考えてみて「プロ」として仕事している人が、100記事100円とか1000円とかで記事を販売することはありません。

 

その理由は1記事書くのに1時間とするのであれば、その記事を販売しているライターさんの時給はいくらになるか?

 

逆算して考えれば理解できますよね。

4.記事の実績が不明

ネットで商品を販売する、無料登録してもらうには記事を書けばよいというものではありません!!!

 

単純に記事を書くだけでSEO対策が出来る、アフィリエイトで稼げるのであれば「アフィリエイトで稼げない」といって辞めていく人はいませんので。

 

ですが、実際アフィリエイトへ参入してくる人の殆どは、お金が稼げないので辞めているのです。

 

なぜ辞めるかといえば、「稼ぐ記事の書き方が解らない」「アクセスを集める記事の書き方が解らない」との理由です。

 

元となるリライト記事が「ボツ記事」(成果が出ない記事)の場合、リライトツールを使ってもSEO対策出来ませんし、人力でリライトしても商品は売れません。

 

その理由は元記事がダメだからです。

 

1という成果が出ている記事でしたら記事数を多くすることで稼げる金額も倍増していきますが、0を幾つ並べても0が1になることはありませんから。

5.リライト記事を使えば共犯者


最後は、一山なんぼで販売されているリライト記事の仕組みを暴露します(笑

 

そもそも記事を外注するのでも、リライト記事を正規に購入するのでも、元となる記事を作成するには「人が時間を使って働く」ということを念頭に置いてみてください。

 

「デジタルコンテンツで複数の人に販売できるから~」という人もいるかもしれませんが100記事書くのにどれだけ時間がかかるか?

 

書くだけなら未だしも「企画を練る」時間までを考えると、最低3か月はかかるかと思います。

 

で、3か月頑張って働いて100記事作成して100円で売る。

 

10人が買ってくれれば1000円の儲け。100人が買ってくれれば1万円の儲け・・・どの角度から“割に合わない”ですよね^^;

 

では、こんな割が合わない仕事をしている人はどんな人か?

 

といえば、一山なんぼで売られている記事って、実はライターさんが執筆したのでも、稼げなくって辞めてしまったアフィリエイターが販売しているのもなく

 

Yahooトピックスに掲載されている記事や、各専門サイトで公開されている記事を、無断転載(コピペで盗む)して売っている犯罪者なんですよ。

 

こんな記事を買って使ってましたら「犯罪の共犯者」ですから、使っていることが発覚すれば著作権違反で訴えられます。

 

もちろん“知らなかった”で済む話ではありませんのでご注意を!

 

いかがでしたか?

 

制作費は安価に抑えたい。

 

誰でも思うことですが、安さを求めるあまりお金を出しても自分の作業量が多くなったり、犯罪に巻き込まれたりしたのでは本末転倒の話ですからリライト記事を購入される際は、

 

広告素材.COMで「品質の高い」「実績のある」記事を選定してご購入してみてくださいね!

欲しい素材を欲しい分だけ今すぐDL!

おすすめの記事