こんにちわ。広告素材.COMの藤原です。

 

最近、私がスマホ版YahooのTOPページに広告掲載(YDNインフィード広告)していることもあって、マンガ素材に関する使用方法や効果の有無にお問合せが増えてきました。

 

 

※無駄打ちクリックを避けるため、表示画像は非公開とさせていただきます(笑

 

マンガを使ったマーケティングノウハウは、あまりネット上にも公開されていないので、ご経験されている方も少ないと思いますが、率直に言ってSNSでの情報拡散はじめ

 

広告プロモーションを行い広告費の削減、効果を最大限に引き上げることを希望されているのでしたら「マンガ」は“外すことのできない”素材と言っても過言ではありません。

 

なぜなら、LPへマンガを表示させることでページ離脱率を防ぎCVを高める効果があり、広告素材にマンガやイラストを使うことで高いクリック率を弾き出すことが出来るからです。

 

以下、前記のYDNインフィード広告の事例を公開しますと・・・・

 

 

商品販売においても1件のCV349円~499円※赤囲み箇所、リスト獲得でも1獲得234円※青囲み箇所となっています。

 

上記事例で云いますと広告を使うことで自動的に64商品が販売、12件の見込み顧客が獲得できますので、もっと多くの個数を売り上げたい、多くのリスト獲得をしたい思いましたら単純に広告費を多くするだけですから簡単ですよね!

 

マンガやイラストといったリッチコンテンツを活用するメリットは、ユーザーを強烈に引き寄せる効果があるからです。

だからネットでマンガを見かけると“その先にある楽しいストーリ”を見たくってついクリックしてしまう習慣があり、このようなユーザーの動向を逆手に取ったのがマンガマーケティングなのですよね。

 

大手まとめサイトのNAVERやYahoo広告にもマンガ素材が増えてきたのは、こういうクリック促進の効果があるからです。

 

広告に関しての実績はお客様のものとあわせて、以下ページに記載していますが、このように良好な実績を出せるのもマンガを活用するからこそ可能であり

 

よくありがちな人物が掲載されているLPや商品を掲載しているバナー画像を使っていたのでは、ここまで安価で効果的な成果を上げることは難しいかと思います。

 

 

私はマンガ素材とノウハウをセットで提供している「マンガCMマーケティング!」を販売している関係もあって数年前より、イラストやマンガを活用した無料集客や広告プロモーションを行っております。

 

ですから、販売ページには全てマンガやイラストを表示させ、広告素材にもマンガやイラスト画像、若しくは動画広告を必ず使っています。

 

今回は、そんなネット上では公開されていない「マンガ」を使った効果的なマーケティングを行う際、大変重要な素材制作方法をご紹介します。

 

是非、新規で販売ページの制作やリニューアル、広告素材の新規制作や見直しをご検討されていましたら本記事をご参考してくださいませ!

 

1.マンガ・イラスト素材の選び方

マンガやイラストを使った効果を最大限に引き出すの為には、単純に素材を使えばよいというものではなく素材選びや制作方法が重要になります。

 

使用用途や制作法によって素材の使い方や制作方法も全く異なりますので、あなたのイメージに合わせて効果的な素材を選んでコンテンツを制作してくださいね!!!

1-1.使用用途を明確に確定させる

マンガやイラスト素材をどのように使うか?

 

一口に効果があると云っても、どのように使うのが効果的か解りませんよね^^;

 

そこで、私が過去6年で効果があったと手ごたえを感じた使用用途をご紹介しますので、ご参考に素材を選んでください。

 

「LP(ランディングページ)ヘッド画像」

・PC版:イラスト

・スマホ版:マンガ/イラスト

 

「LP(ランディングページ)中段」

・マンガ

 

「クッションページ」

・マンガ

 

「動画広告」

・マンガ/イラスト

 

「広告素材」

・バナー広告:マンガ/イラスト

・SNS広告:マンガ

 

このような感じです。

1-2.素材選びのポイント

上記(1)で使用用途を確定しましたら、マンガorイラスト素材をピックアップしてみましょう!!

 

素材選びの基本は、あなたがセールスしたい属性にあったキャラの選択です。

 

あなたがPCをメインにアクセスを集めたいという場合で、男性をターゲットにする場合は「女性」、女性をターゲットにする場合「男性」のイラスト素材が良いです。

 

PC/スマホ双方からアクセスを集める場合でしたら、マンガ・イラストどちらでも良いですが、同一ページをレスポンシブにする場合はマンガがオススメです。

 

特別男女のターゲットセグメインとがない場合は「女性キャラ」のイラスト/マンガが良いです。

 

と言っても、ここで云う女性キャラは少女マンガのようなキャラではなく、広告素材.COMで販売しているような萌え系、若しくはコマ漫画の女性キャラです。

 

男性の場合は、萌え系やコマ漫画の女性キャラには敏感に反応しますが、少女マンガの女性キャラのイラストには食いつききませんのでご注意くださいませ!!

 

また、ヘッド画像や広告の表紙で使う素材は「喜怒哀楽」がはっきりしているものを選択ください。

 

例えば、

 

・ヘッド画像で使う場合でしたら「笑顔」「驚き」などが良いです。

・動画広告の表紙やバナー素材、クッションページ最上部で使う素材はリアクションの大きなもの

 

というイメージです。

 

広告素材.COMの方で双方の素材を公開していますので、あなたが使いたいと思う素材をピックアップしてみてください。

2.マンガ&イラスト素材の作り方

あなたが使う素材ピックアップできましたら、早速各種の制作を行ってみましょう!

2-1.PC版のヘッド画像の作り方

PCからアクセスしてくるユーザーの目線は「Zの動き」と言われています。

ですから右側中段にイラストやマンガを表示させることで目の動きを止め期待感を煽る効果が高く、この効果がページ離脱率を防ぎ、末尾までページを読み進められる効果があるとされています。

 

この部分に表示させる素材は、ページを読むことで楽しいことが待ち受けているのではないかというようなワクワク感、何かとんでもない新発見があったのではないかということを期待させる大げさなリアクションの素材を使うと効果的です。

 

私が前記しているYahooで高いCVを出したヘッド画像はこちらです。

実際のLPはこちらをクリックしてご確認ください。

 

このレイアウトは固形商品でも無料登録系でも高い効果がありますので真似するつもりで制作してみてください。

 

では、PC版のヘッド画像を作ってみましょう!!

 

「ご用意いただくもの」

・掲載する文言

・イラスト&マンガ素材

・画像制作ソフト(外注する場合は不要です)

私が使用している画像制作ソフトはこちらです。

 

まず、画像制作ソフトを立ち上げます。

 

掲載する文言を打ち込んで、イラスト素材アップロードします。

 

 

これで終了です。

 

外注する際でも、ここまでのラフ画を提出すれば5000円程度でプロ級のヘッド画像が完成できますので自作感を出したくない場合、クラウドソーシングなどで安価に制作してくれるクリエイターさんを募集してみてください。

2-2.スマホ版のヘッド画像の作り方

PC版のユーザーの目線がZの動きに対し、スマホへアクセスするユーザーの目線は「縦の動き」と言われています。

やはりスマホは画面が小さいので、ごちゃごちゃ文言を並べるより、「解りやすさ」を重視するのがヘッド画像を作るうえで重要なポイントです。

 

私が制作した中でも以下のLPのレイアウトが最も効果が高かったです。

実際のLPはこちらをクリックしてご確認ください。

 

スマホ版ヘッド画像を作るコツは、マンガが1枚で大げさなリアクションのものを表示させ、吹き出し画像で補足となる文言を大きく表示させ一目で伝えたい情報が理解できるようにすることです。

 

イラストを使う場合では、PCと併用すると画面が見にくくなりますのでスマホ専用のヘッド画像を作ることをオススメします。

 

「ご用意いただくもの」

・掲載する文言

・マンガ素材

・吹き出し画像

・画像制作ソフト(外注する場合は不要です)

 

マンガを使ったヘッド画像は、はじめに表示させるマンガ素材を作って前記PC版同様に画像を合成させるほうが簡単です。

まずは画像制作ソフトを立ち上げて使うマンガを選択しアップロード。

 

次は使う吹き出し画像を選択しアップロード。

 

あなたが表示させたい文言を吹き出しに書き込み出力します。後はPC版と同じです。

2-3.LPの作り方

PC/スマホの双方のヘッド画像が完成しましたら、LPを制作してみましょう!

 

「ご用意いただくもの」

・LP専用テーマ

・画像制作ソフト

 

ヘッド画像が綺麗に仕上がりましたら、LPは「カラフル」という8000円程度で市販されているワードプレスのテーマでもかなり綺麗に仕上がります。

 

私の教材販売ページは4年前からヘッド画像やパーツのみをクリエイターへ依頼し、あとはカラフルを使って自作しています。

 

このテーマは1度購入すれば、100でも200でもLP量産が出来ますので大変便利です^^

 

最近、広告で使用していますLPは外注するようになりましたが制作費を安価に抑え制作期間を短縮したいので、全体ラフ制作しクリエイターさんに提出し“デザインだけ”を依頼するようにしています。

 

双方LPの制作方法は以下の動画をご参考にしてください。

 

2-4.クッションページの画像表示法

クッションページでマンガを使用する際、一番大事なのが「最上部」「最末尾」に表示させるマンガ素材です。

特に最上部に表示させるマンガのインパクトが弱いとページを離脱してしまうユーザーが多いので、ここがユーザーの関心を引き寄せる“パンチ”のある素材選びは超重要です!

末尾箇所では商品を利用することへのメリット(効果)が伝わる素材を使うことで成約率を極限まで飛躍させることが出来ます^^

2-4.動画広告の作り方

動画広告は演出の異なる素材で3パターンくらい制作していただいたほうが良いです。

 

なぜかと云えば、同じ動画を同一箇所(メディア)に長く掲載すると必ず効果が落ちるからです。

 

また、企画の切り口やターゲット選定によっても個別動画の効果は異なると思いますので一度3パターンの動画を制作し、

 

日々のCVをチェックし、当たった動画広告をシリーズ化するのが安全で高い効果を継続できる秘訣です。

 

ソフトバンクの白戸家(犬家族)のCMが当たったので、10年もの間継続しているのと同じイメージです。

 

マンガを使った動画広告を作るうえで一番重要なのが「ストーリー」です。

 

特にTwitterに無料投稿したマンガ動画では、「動画広告と知らないでアクセスしてくる」ユーザーが殆どです。

 

またfacebook広告でも普通のマンガ動画だと思ってアクセスしてくる人が多いので、売り込み色をなくしページへアクセスしてもらう企画を考えないといけません!!

 

と、云いますととても難しくなるイメージをされるかもしれませんが、このストーリーは簡単にできます^^

 

私の経験値では「お客様が商品購入した経緯」でストーリー企画するのが最も効果が高いと思っています。

 

なぜかと云えば、ターゲットの心にピンポイントで刺さるストーリーが出来るからなんですよ。

 

 

商品毎に、この部分は異なると思いますが、

 

・バストアップ商品の場合でしたら、「なぜ、バストアップ商品を購入することになったのか?」

 

・アフィリエイト商品の場合でしたら、「なぜ、副業を始めようと思ったのか?」「なぜ、無料登録しようと思ったか?」

 

それぞれ商品購入やアクションをする際って、必ず理由があるのですよね。

 

あなたがネットサービスを利用した経験がありましたら、利用した経緯を思い出してみれば、このストーリーは思い浮かぶのではありませんか?

 

脚本制作に関してのご注意点としましてマンガストーリーを外注する方は多いのですが、ここを外注してしまうと動画広告を使っても高い効果を得ることが出来ません。

 

私も2年前、マンガ動画を量産する際に外注したことがありますが、マーケティングの未経験者が考えたストーリーだとユーザーの心を揺さぶる、商品を購入させるストーリーは出来ないんですよ。

 

やはり、ここは面倒くさい、大変と思われるかもしれませんが、あなた自身がストーリーを考えることは必須です!!

 

で、ストーリーを考えましたら前記と同じで、マンガ素材を制作ソフトにアップロードし、吹き出し箇所に文字を打ち込んで素材は完成です。

 

音声や動画の各種制作方法は以下動画をご参考にしてください。

 

2-5.バナー素材の作り方

さすがに疲れてきましたね^^;

 

でも、これが最後ですからご安心ください。

 

マンガやイラストを使いましたバナー画像、SNS広告に投稿する、動画広告の表紙となる素材の作り方は以下に纏めていますので、一服休憩してからでもご参考にしてください。

 

今回は、マンガマーケティングの準備編、素材制作のポイントをご紹介しました。是非、本記事を参考に高いCVが見込める各種素材を制作してみてくださいね!!

 

欲しい素材を欲しい分だけ今すぐDL!

おすすめの記事